梟の系譜 宇喜多四代

講談社文庫
フクロウノケイフウキタヨンダイ
  • 電子あり
梟の系譜 宇喜多四代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

備前・砥石城の宇喜多能家は浦上宗景の重臣であったが、一方の重臣島村宗政に攻められ、中風を患い籠城もかなわず、息子興家と孫の八郎を逃す。食うにも事欠く放浪の旅を経て、祖父能家の仇討ちと家名再興の期待をかけられた八郎あらため直家は、浦上宗景の配下としてその名を上げていく。毛利、尼子、織田と周囲を囲まれる中、織田の配下の秀吉と誼を通じるなど、謀略を駆使して戦乱を生き抜こうとする直家とその一族の命運は!?


天文三年(1534年)、備前・砥石城へ浦上家の重臣・島村宗政の軍勢が押し寄せてきた。守勢は、もう一人の重臣・宇喜多能家。一時は主家をしのぐ名声を得た能家であったが、8年前に中風を患い隠居の身となっていた。戦陣にも立てない能家は籠城を諦め、息子・興家と孫の八郎を城から落ち延びさせることを決意する。能家最期の抵抗の間に城を脱出した興家親子の、食うにも事欠く放浪の旅がはじまった。追手を避け一時は旧師の寺を頼り、その後は備前福岡の豪商の家に親子で身を寄せる。能家の敵討と宇喜多家再興を果たせぬうちに、興家は商家の娘を後妻にもらい、義母と折り合いの悪い八郎は商家を飛び出す。近くの寺で過ごすうちに月日が流れる。父・興家は商家で亡くなり、毛利氏や尼子氏の跋扈する中国地方の情勢も風雲急を告げ、直家と名を変えた八郎は旧主・浦上宗景に召し出される。梟雄・宇喜多直家が踏み出した最初の一歩だった。

目次

  • 第一章 流転
  • 第二章 雌伏
  • 第三章 飛翔
  • 第四章 西方の敵
  • 第五章 輝星の宴
  • 第六章 継承の末
  • 終章

製品情報

製品名 梟の系譜 宇喜多四代
著者名 著:上田 秀人
発売日 2015年11月13日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-293257-8
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年11月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る