虚構推理

講談社文庫
キョコウスイリ
  • 映像化
  • イベント
虚構推理
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<本格ミステリ大賞受賞作!>深夜、悲運のアイドルの亡霊は鉄骨を片手に街を徘徊する。その都市伝説の名は――鋼人七瀬。「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作(作家・氷川透)おおおお前を倒すのはこの俺だ!(作家・汀こるもの)内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。破格のミステリ(作家・辻真先)


<第12回本格ミステリ大賞受賞作!>
 深夜、鉄骨を振るい人を襲う亡霊「鋼人七瀬」。それは単なる都市伝説か、本物の亡霊か? 怪異たちに知恵を与える巫女となった美少女、岩永琴子が立ち向かう。人の想像力が生んだ恐るべき妖怪を退治するため琴子が仕掛けたのは、虚構をもって虚構を制する荒業。琴子の空前絶後な推理は果たして成功するか?

終始ゾクゾクしっぱなし……息もつかせぬ物語とはまさにこのことだと思います。意外な展開、予想外な事実、桁外れな人物、奇妙な現実、異様な虚構、奇想天外な“戦い”――。絶妙に狙い澄まして放たれる数々の“驚き”の奔流に溺れそうになりました。
―作家・平坂読(『僕は友達が少ない』)

「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作。(作家・氷川透)
ただただ作者の才能に嫉妬するばかり。(作家・黒田研二)
おおおお前を倒すのはこの俺だ!(作家・汀こるもの)
内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。破格のミステリ。(作家・辻真先)
辻褄の合った論理こそ、時には真実から最も遠ざかるものではないか。(書評家・千街晶之)
驚きを通り越して爽やかな敗北感さえ抱かされた。(作家・太田忠司)
「真相」の意味について刺激的な考察を展開。(作家・大山誠一郎)
「本格ミステリのロジック」の持つ魅力と危うさを純粋培養したような小説。(作家・光原百合)

〔コミカライズ版も人気沸騰中!〕

目次

  • 第一章 一眼一足
  • 第二章 鋼人の噂
  • 第三章 アイドルは鉄骨に死す
  • 第四章 想像力の怪物
  • 第五章 鋼人攻略戦準備
  • 第六章 虚構争奪
  • 第七章 秩序を守る者

製品情報

製品名 虚構推理
著者名 著:城平 京
発売日 2015年12月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-293240-0
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2011年5月、講談社ノベルスより『虚構推理 鋼人七瀬』として刊行されたものを改題しました。

著者紹介

著:城平 京(シロダイラ キョウ)

(しろだいら・きょう)
奈良県出身。1998年、第8回鮎川哲也賞最終候補作『名探偵に薔薇を』にてデビュー。その後、「月刊少年ガンガン」にて『スパイラル 推理の絆』『スパイラル ・アライブ』(作画・水野英多)『ヴァンパイア十字界』(作画:木村有里)『絶園のテンペスト』(構成:左有秀、作画:彩崎廉)の漫画原作を手がける。『絶園のテンペスト』はアニメ化された。自身の執筆による『小説スパイラル 推理の絆』(全4巻)も刊行。2012年、『虚構推理 鋼人七瀬』で第12回本格ミステリ大賞受賞。現在は少年マガジンRにて『虚構推理』(漫画・片瀬茶柴)、「月刊少年ガンガン」にて『天賀井さんは案外ふつう』(作画・水野英多)を連載中。2016年1月には講談社タイガより『雨の日も神様と相撲を』刊行予定。新世代ミステリの旗手。

お知らせ・ニュース

イベント
TVアニメ『虚構推理』 鋼人七瀬編突入!振り返り&第4話先行上映会 開催!
◆日時:2020年1月26日(日)16:00~
◆会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
(東京都江東区豊洲2-4-9三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲3F)
◆登壇者:鬼頭明里(岩永琴子役)、福圓美里(弓原紗季役)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
◆チケット:2,500円(税込)

※詳細は、リンク先のTVアニメ公式サイトでご確認ください。
映像化
TVアニメ|「虚構推理」 2020年1月11日よりテレビ朝日にて毎週土曜25:30~ 放送
原作:『虚構推理』
(講談社タイガ)著:城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)原作:城平京 漫画:片瀬茶柴

TVアニメ「虚構推理」
※テレビ朝日のほかMBS、BS日テレ、AT-X、J:COMテレビでも放送。また、dアニメストア、GYAO!にて配信。
監督:後藤圭二 シリーズ構成:高木登 キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏
アニメーション制作:ブレインズ・ベース 制作:NAS
キャスト:鬼頭明里、宮野真守、福圓美里、上坂すみれ、浜田賢二、佐古真弓、下山吉光、本山かおり、塙真奈美、後藤ヒロキ、宮田幸季、前田玲奈、飛田展男、大南悠
特集・レビュー
「想像力の怪物が描く、最高の嘘に酔う【本格ミステリ大賞受賞作】」