子どもの王様

講談社文庫
コドモノオウサマ
  • 電子あり
子どもの王様
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

団地に住むショウタと親友トモヤ。部屋に籠もって本ばかり読んでいるトモヤの奇妙なつくり話が、ショウタの目の前で現実のものとなる。残酷な”子どもの王様”が現れたのだ。怯える親友を守るため、ショウタがとった行動とは? つくり話の真相とは? 『ハサミ男』の殊能将之が遺した傑作をついに文庫化!

目次

  • 1 団地の外側
  • 2 黄色い大黒様
  • 3 ふたりの魔女
  • 4 罰ゲーム
  • 5 おびえるトモヤ
  • 6 暗黒城の攻防
  • 7 自転車日和
  • 8 魔女の予言
  • 9 夜の見張り
  • 10 子どもの王様あらわる
  • 11 近づく足音
  • 12 対決
  • 13 別れ
  • わたしが子どもだったころ
  • ノベルス版あとがき

製品情報

製品名 子どもの王様
著者名 著:殊能 将之
発売日 2016年01月15日
価格 定価 : 本体550円(税別)
ISBN 978-4-06-293230-1
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2003年7月に講談社ミステリーランドとして、2012年8月に講談社ノベルスとして刊行されました。

著者紹介

著:殊能 将之(シュノウ マサユキ)

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

オンライン書店で見る