負ける技術

講談社文庫
マケルギジュツ
  • 電子あり
負ける技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世知辛い現代において、勝利は敗北の始まりだ。勝者を慕い集まるのはせいぜい一割、残りは転落の瞬間を待つ殺し屋ばかりと言えよう。ならば目指すべきは、”いかに負けるか”。リストラ→派遣切り→ハローワーク通いに泣き、今は漫画家兼OLとして自転車操業中の著者が説く、敗北からの必笑! 幸福指南。古市憲寿氏、絶賛!

目次

  • まえがき
  • #01 オープニング
  • #02 草食系男子
  • #03 巻くだけダイエット
  • #04 100%美容院で会話を回避できる方法
  • #05 ハロー、ハローワーク
  • #06 漫画家と編集者
  • #07 就職指導
  • #08 人間の明るさ
  • #09 ジョギング
  • #10 背負った不幸
  • #11 リスク
  • #12 地味に困る質問
  • #13 あの人は今
  • #14 会社のよしあし
  • #15 老人と雨
  • #16 人に言いたくない過去
  • #17 自分の子に学んでほしいこと
  • #18 歴史はくり返す
  • #19 一生の芸
  • #20 ありえない出会い
  • #番外編1 「AiR」掲載 IT革命と相撲
  • #番外編2 「AiRtwo」掲載 結婚式とわたし&『クレムリン』
  • #21 結婚
  • #22 母親という衝撃
  • #23 負ける技術
  • #24 ベスト・乙女エロゲー・ストーリー
  • #25 初めての挫折
  • #26 最後のカード
  • #27 クリスマス・イヴの地獄
  • #28 ファッションセンス
  • #29 ネーミングセンス
  • #30 職業を尋ねられた時
  • #31 社会人
  • #32 逆転の発想
  • #33 本物
  • #34 アナログVSデジタル
  • #35 天才
  • #36 完全勝利
  • #37 自分の心を守る方法
  • #38 いくつになっても
  • #39 ある日、正装で
  • #40 神様の考え
  • #41 各国にとっての処女性
  • #42 なぜこれほどBBQが憎いのか
  • #43 物が置けなくて
  • #44 歴史的大勝利
  • #45 崖を登るということ
  • #46 すべては若者のために
  • #47 新しい地獄
  • #48 大ヒット間違いなし
  • #49 美容院の怪
  • #50 もしも私が育児エッセイを書くことになったら
  • #51 光学迷彩
  • #52 その時、歴史が少し動いた
  • #53 どう打ち合わせをするべきか
  • #54 辞スルノ表
  • #55 野菜の王
  • #56 その名物、想定外
  • #57 エロの玉手箱
  • #58 募集します
  • #59 店頭スマホの怪
  • #60 もしも原稿が間に合わなかったら
  • #61 消したい過去
  • #62 進化とはなにか
  • #63 人生でどうしてもやりたいふたつのこと
  • #64 人の夢と書いて儚い
  • #65 歯
  • #66 家族、それは愛
  • #67 容姿に関する自己評価
  • #68 カレー沢家の毎年恒例行事
  • #69 我々にとっての名作
  • #70 リア充、恐るべし
  • #71 母校での大演説
  • #72 家はなんのためにあるか
  • #73 世界レベルの勇気とは

製品情報

製品名 負ける技術
著者名 著:カレー沢 薫
発売日 2015年10月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-293188-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2014年1月に小社より刊行された単行本に、「モーニング・ツー」連載の未掲載分を収録し、文庫化しました。

著者紹介

著:カレー沢 薫(カレーザワ カオル)

カレー沢 薫
漫画家にして会社員にして人妻。生まれて初めて投稿した漫画が落選したにもかかわらず連載化。プロレタリアート猫ちゃん漫画『クレムリン』(講談社)として全7巻の話題作となる。好きなものは猫。あと、世界が滅亡するとかのパニック映画。カルトな人気を獲得し、ツーならびにモーニング公式サイトで連載された本書は、単行本発売後、ほぼ即日重版を達成。現在、月刊「モーニング・ツー」で『バイトのコーメイくん』を好評連載中。その他、他社の他誌でも多数連載を抱える。2014年5月、「週刊Dモーニング」初のオリジナル連載として『やわらかい。 課長 起田総司』の連載を開始。

オンライン書店で見る