新装版 検察捜査

講談社文庫
シンソウバンケンサツソウサ
  • 電子あり
新装版 検察捜査
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

横浜地検の検察官、岩崎紀美子の最初の事件。日弁連の大物弁護士西垣文雄が横浜の自宅で惨殺された。西垣が恨みを買いそうな案件を調べる岩崎は、背後の闇の深さに直面する。検察庁と日弁連の確執、組織の軋轢……そして東京地検が日弁連に強制捜査に入る事態に発展。孤軍奮戦の若い岩崎にも、脅迫者の影が迫る。日本にもスケールの大きい本格リーガル小説が誕生したと絶賛された乱歩賞受賞作、読みやすい新装版化!


大物弁護士西垣文雄が横浜の自宅で惨殺された。首や手足はねじ曲げられ、顔は激痛にゆがんでいた。検察官不足の背景もあり、事件の担当検事となった横浜地検の検察官岩崎紀美子は、恨みを買いそうな西垣の手がけた案件を調べていくうちに、資金繰りで追い込まれた産廃処理業者の社長自殺の事件にいきあたる。だが、事件の闇は深かった。検察庁と日弁連の確執とそれぞれの組織の主導権争い、その影が西垣事件の背後に見え隠れする。そして東京地検が日弁連に強制捜査に踏み込むという騒然とする事態に進展。上司の理解も得られず孤軍奮戦の岩崎には、脅迫者が迫る……。現役弁護士が、法曹界の闇に踏み込み、将来を予見したと評判を呼んだ江戸川乱歩賞受賞の本格リーガル・サスペンス、新装版で登場!

目次

  • プロローグ 危 機
  • 第一章 事 件
  • 第二章 動 機
  • 第三章 権 力
  • 第四章 覇 権
  • 第五章 対 決
  • エピローグ 証 言

製品情報

製品名 新装版 検察捜査
著者名 著:中嶋 博行
発売日 2015年08月12日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-293181-6
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は1994年9月、小社より単行本刊行され、1997年7月に講談社文庫で刊行されたものの新装版です。

オンライン書店で見る