キネマの華

講談社文庫
キネマノヒロイン
  • 電子あり
キネマの華
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「死神」と「花嫁」二つの顔を持つ女優。
彼女の人生にはいつも一人の女性がいた。

激動の昭和初期、「銀幕の花嫁」と呼ばれる女優・木下千鶴は、清楚な外見とは裏腹に勃興期の映画業界で成功を収めていく。だが彼女には、少女時代に別れて以来、一度も会うことのない美しい異母妹がいた。大スタアの生涯から消えることのない十歳から十五歳のたった五年間の記憶とは。『流転の薔薇』改題。

目次

  • 序章
  • 第一章 無声
  • 第二章 発声
  • 第三章 国策宣伝
  • 第四章 総天然色
  • 終章
  • 主要参考文献

製品情報

製品名 キネマの華
著者名 著:加藤 元
発売日 2015年05月15日
価格 定価 : 本体770円(税別)
ISBN 978-4-06-293116-8
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2010年7月に小社より『流転の薔薇』として刊行されたものを文庫化にあたり改題しました。

オンライン書店で見る