鬼神伝 神の巻

講談社文庫
オニガミデンカミノマキ
  • 電子あり
鬼神伝 神の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

再び平安時代に飛ばされた天童純は、鬼の少女・水葉らと再会する。一方、貴族は、鬼神たちを封じ込めるため、三種の神器の一つ、純の持つ草薙剣を奪おうと画策、さらには破壊仏までも召喚しようとする。「鬼」と「人」との激しい戦いの中、大事な仲間を失った純は、自分の命よりも大切なものがあると気づくのだが。

目次

  • 鬼再び
  • 神の鱗
  • 伝説の破壊仏
  • 神々の嘆き
  • 残された夢
  • 守るべきものは
  • きっとまた、どこかで
  • 「わたしが子どもだったころ『中学生の巻』」

製品情報

製品名 鬼神伝 神の巻
著者名 著:高田 崇史
発売日 2015年06月12日
価格 定価 : 本体530円(税別)
ISBN 978-4-06-293106-9
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は、2004年4月に講談社ミステリーランド、2010年10月に講談社ノベルスとして刊行されたものです。

関連シリーズ

オンライン書店で見る