戦国スナイパー 信玄暗殺指令篇

講談社文庫
センゴクスナイパーシンゲンアンサツシレイヘン
  • 電子あり
戦国スナイパー 信玄暗殺指令篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国時代にタイムスリップした陸上自衛隊員・笠間慶一郎。ひょんなことから信長の命を救ったことで、ボディガード兼鉄砲頭として取り立てられた。しかしその間にも信長包囲網は着々と完成に近づき、最強の敵・武田信玄が動き始めた。信長は女忍者・さくらに信玄暗殺を命じる。一方、慶一郎は信玄の父・信虎に無理やり武田側に寝返るよう説得されるのだが……。 大好評「戦スナ」シリーズ、第3弾!

製品情報

製品名 戦国スナイパー 信玄暗殺指令篇
著者名 著:柳内 たくみ
発売日 2015年04月15日
価格 定価 : 本体730円(税別)
ISBN 978-4-06-293076-5
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は講談社BOXより『戦国スナイパー3 信玄暗殺指令篇』として2013年4月に刊行されました。

著者紹介

著:柳内 たくみ(ヤナイ タクミ)

柳内たくみ(やない・たくみ) 自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。その傍ら、インターネット上で執筆活動を展開し、人気を博す。2010年4月、『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触篇』(アルファポリス)でデビューし、一躍注目を浴びる。ゲート・シリーズは全7巻を数え、文庫版、コミカライズも刊行、シリーズ累計100万部を超える。 2015年TVアニメ化決定。講談社BOX「戦国スナイパー」シリーも好評で、第1巻は『戦国スナイパー 信長との遭遇篇』として講談社文庫に。講談社BOXでは『戦国スナイパー 4  慶一郎絶体絶命篇』を刊行しシリーズ継続中。

オンライン書店で見る