希土類少女

講談社文庫
レアアースガール
  • 電子あり
希土類少女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

高純度のレアメタルを生成する能力を持つ冴矢。症状が発見された少女は、産業を潤わせる一方、25歳までしか生きられない。そんな冴矢の絶望的な日常は施設職員・江波との出会いで変わり始める。だが、やがて二人はコミュニティ全体の命運を左右する決断を迫られるのだった――。限られた時間を生き、運命と対峙する少女の、儚くも美しいSF長編。

目次

  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14

製品情報

製品名 希土類少女
著者名 著:青柳 碧人
発売日 2015年04月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-293072-7
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年4月に講談社から、単行本として刊行されました。文庫化に際し、一部を加筆・修正しました。

著者紹介

著:青柳 碧人(アオヤギ アイト)

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会ОB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、小説家デビュー。同作はシリーズ化され、これまでに6巻を数えている。その他の著書として、『双月高校、クイズ日和』『東京湾海中高校』(ともに講談社文庫)、「雨乞い部っ!」シリーズ(講談社ラノベ文庫)、『判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件』、「朧月市役所妖怪課」シリーズ(いずれも角川文庫)、「ヘンたて」シリーズ(ハヤカワ文庫JA)、『ブタカン!~池谷美咲の演劇部日誌~』(新潮文庫)、『国語、数学、理科、誘拐』(文藝春秋)、『西川麻子は地理が好き。』(文春文庫)がある。

オンライン書店で見る