エスの本 ある女友達への精神分析の手紙

講談社学術文庫
エスノホンアルオンナトモダチヘノセイシンブンセキノテガミ
  • 電子あり
エスの本 ある女友達への精神分析の手紙
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「人間は、自分の知らないものに動かされている」。フロイトの理論に大きな影響を与えた医師グロデックが、フロイトへの書簡を元に、架空の女友達にむけて「エス」を説明したのが本書である。「知ろうとするのをやめ、空想する決心をすれば、無意識の奥深く突入することができます」。混沌として論理的な世界の理をあかし、「病」の概念すら変える心身治療論。

目次

  • エスの本
  • 訳者解説――山下公子
  • 訳者あとがき――岸田秀

製品情報

製品名 エスの本 ある女友達への精神分析の手紙
著者名 著:ゲオルク・グロデック 訳:岸田 秀 訳:山下 公子
発売日 2018年04月10日
価格 定価 : 本体1,580円(税別)
ISBN 978-4-06-292495-5
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書はGeorg Groddeck,Das Buch vom Es:Psychoanalytische Briefe an eine Freundin,Internationaler Psychoanalytischer Verlag.Wien,1923 の全訳。

著者紹介

著:ゲオルク・グロデック(ゲオルク・グロデック)

(1866-1934)ドイツのバート・ケーゼンに生まれる。「エス」や「転移」といった精神分析における重要な概念を提唱し、フロイト理論にも大いに影響を与えた。エスを措定したことで心と身体と病の総合的な見方を可能とし、「心身医学の父」とも呼ばれる。

訳:岸田 秀(キシダ シュウ)

1933年、香川県生まれ。早稲田大学文学部卒業。和光大学名誉教授。精神分析者、エッセイスト。著書に『ものぐさ精神分析』など。

訳:山下 公子(ヤマシタ キミコ)

1952年、香川県生まれ。東京大学大学院博士課程中退。早稲田大学教授。ドイツ文学者。著書に『ヒトラー暗殺計画と抵抗運動』など。

オンライン書店で見る