宇治拾遺物語 下 全訳注

講談社学術文庫
ウジシュウイモノガタリゲゼンヤクチュウ
  • 電子あり
宇治拾遺物語 下 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉時代前期に成立した代表的説話集の一つ。上巻に引き続き人の耳目をひく話を集める。都の巷から鄙の里、震旦・天竺まで、世の奇異なものへと開かれる好奇心。仏菩薩の霊験には純朴な感情で、えせ聖や詐欺・幻術師の行為には分別わきまえた言葉で、民衆の反応がさまざまに語られる。古本系統『伊達本』を底本として94話を全訳・解説。

製品情報

製品名 宇治拾遺物語 下 全訳注
著者名 著:高橋 貢 著:増古 和子
発売日 2018年04月10日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-292492-4
通巻番号 2492
判型 A6
ページ数 880ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の底本は伊達本「宇治大納言物語」(故吉田幸一蔵本)上・下二冊本を用い、他の二冊本、宮内庁書陵部本、陽明文庫本、および一部に龍門文庫本を参照して校訂した。また随時、古活字版本と万治二年製版本を参照した。

オンライン書店で見る