ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み

講談社学術文庫
ホモルーデンスブンカノモツアソビノヨウソニツイテノアルテイギヅケノココロミ
  • 電子あり
ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「人間の文化は遊びにおいて、遊びとして、成立し、発展した」。歴史学、民族学、そして言語学を綜合した独自の研究は、人間活動の本質が遊びであり、文化の根源には遊びがあることを看破、さらに功利的行為が遊戯的行為を圧する近代社会の危うさに警鐘を鳴らす。「遊びの相の下に」人類の歴史の再構築を試みた不朽の古典をオランダ語版全集から完訳。

製品情報

製品名 ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み
著者名 著:ヨハン・ホイジンガ 訳:里見 元一郎
発売日 2018年03月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292479-5
通巻番号 2479
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1971年河出書房新社より「ホイジンガ選集 第一巻」として刊行されました。本文庫化にあたっては、1989年に同社より刊行された新装版「ホイジンガ選集 第一巻」を底本にしています。

著者紹介

著:ヨハン・ホイジンガ(ヨハン・ホイジンガ)

1872~1945。歴史家、文明批評家。フローニンゲン大学卒業。フローニンゲン大学、ライデン大学で教授職を務める。ライデン大学学長。著書に『中世の秋』『ホモ・ルーデンス』『エラスムス』『わが歴史への道』などがある。

訳:里見 元一郎(サトミ モトイチロウ)

1928年、静岡市生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。清泉女子大学名誉教授。専攻は中世史。著書に『ヨハン・ホイジンガ』『西欧中世の宮廷文明』、翻訳に『中世の秋』(共訳)などがある。

オンライン書店で見る