キリスト教史

講談社学術文庫
キリストキョウシ
  • 電子あり
キリスト教史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

二千年の歴史が一冊でわかる!

イエスが十字架にかけられてから、ペテロ、パウロらの原始教団はいかにして発展していったのか。中世の十字軍・異端審問とは何だったのか? 宗教改革、カトリック教会の対抗改革の本質は何か? キリスト教は啓蒙主義といかに向かい合ったのか? 国家とキリスト教の関係は?  日本のキリスト教を、キリスト教史の枠組みのなかで捉え直しつつ、教会制度、神学思想、宣教などの変遷を、古代から現代まで描ききった決定版。(解説・佐藤優)

目次

  • 序 論
  • 第一部 古 代
  • 一 古代史の課題
  • 二 ギリシア・ローマ文化
  • 三 ユダヤ教
  • 四 イエス
  • 五 原始教団
  • 六 教会の発展
  • 七 教会の内的危機
  • 八 教会の組織的発展
  • 九 礼拝と礼典
  • 一〇 キリスト教徒の生活と修道院
  • 一一 神学思想
  • 一二 ローマ帝国との教会の闘い
  • 一三 教皇制度の発生
  • 【地図】五世紀半までの五総大司教区〔総主教区〕
  • 一四 イスラム教のもとのキリスト教会
  • 一五 社会と文化と教会
  • 一六 古代教会発掘の現状
  • 一七 回 顧
  • 第二部 中 世
  • 一八 中世キリスト教史の課題
  • 一九 ゲルマン民族への宣教
  • 二〇 スラヴ民族への宣教
  • 二一 東方正教会と西方教会の分裂
  • 二二 教皇制度の興隆
  • 二三 帝国と教皇の闘い
  • 二四 十字軍
  • 二五 新しい修道会の創設
  • 二六 神学思想
  • 二七 神秘主義
  • 二八 秘跡と民衆の信心
  • 二九 分派運動と異端審問所
  • 三〇 中世末期の教皇制度
  • 三一 ルネサンスと人文主義
  • 三二 社会と文化と教会
  • 三三 回 顧
  • 第三部 近 世
  • 【地図】一六世紀末の宗教分布
  • 三四 近世キリスト教史の課題
  • 三五 ルターの宗教改革
  • 三六 ツヴィングリの宗教改革
  • 三七 カルヴァンの宗教改革
  • 三八 ラディカル宗教改革運動
  • 三九 対抗改革
  • 四〇 北欧におけるルター主義の発展
  • 四一 イングランドの宗教改革
  • 四二 フランス、ネーデルランド、スコットランドにおけるカルヴィニズムの発展
  • 四三 ギリシアとロシアとの正教会
  • 四四 インド、中国、東南アジアへの宣教
  • 四五 日本宣教の開始と展開と鎖国
  • 四六 ピューリタン運動の発生と展開
  • 四七 社会と文化と教会
  • 四八 回 顧
  • 第四部 近 代
  • 四九 近代キリスト教史の課題
  • 五〇 啓蒙主義とキリスト教思想
  • 五一 敬虔主義
  • 五二 北米における教会の移植と発展
  • 五三 啓蒙的絶対主義王政と教会
  • 五四 フランス革命とローマ・カトリック教会
  • 五五 啓蒙主義克服の試み
  • 五六 フランスの自由主義カトリック運動
  • 五七 ピウス九世の信仰箇条宣言
  • 五八 英国の教会とオックスフォード運動
  • 五九 教会への新しい思想的挑戦
  • 六〇 キリスト教社会運動
  • 【図表】教会系譜
  • 六一 米国の教会の西部への発展から南北戦争まで
  • 六二 東方とロシアとの正教会
  • 六三 中国、東南アジア、アフリカ、シベリア、および北極圏宣教
  • 六四 日本カトリック教会の復興―他―

製品情報

製品名 キリスト教史
著者名 著:藤代 泰三
発売日 2017年11月11日
価格 定価 : 本体2,100円(税別)
ISBN 978-4-06-292471-9
判型 A6
ページ数 760ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1979年に日本YMCA同盟出版部から刊行された『キリスト教史』(第1刷)を原本とし、著者が改訂に向けて生前用意していた訂正を反映しています。

オンライン書店で見る