関東大震災 消防・医療・ボランティアから検証する

講談社学術文庫
カントウダイシンサイショウボウイリョウボランティアカラケンショウスル
  • 電子あり
関東大震災 消防・医療・ボランティアから検証する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1923(大正12)年9月1日、11時58分44秒。東京を襲った大地震は10万を超える人命を奪い、近代国家・日本に深い爪痕を残した。しかし、そこでは被害の拡大を阻止すべく奮闘した人々の姿があった。消防、医療、ボランティア、そして情報。今日、注目を集める災害時の人的活動を通して都市型災害の全貌を追い、共有すべき歴史の教訓を読みなおす。

目次

  • はじめに
  • 第一章 震災当時の防災体制
  • 第二章 猛火と戦った人々
  • 第三章 放置された重傷者──江東地区における罹災者医療
  • 第四章 大正の震災ボランティア
  • おわりに
  • 参考文献
  • 学術文庫版あとがき

製品情報

製品名 関東大震災 消防・医療・ボランティアから検証する
著者名 著:鈴木 淳
発売日 2016年08月11日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-292381-1
通巻番号 2381
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2004年12月、筑摩書房より刊行されました。

著者紹介

著:鈴木 淳(スズキ ジュン)

1962年生まれ。東京大学人文社会系研究科・文学部教授。専攻は日本近代史、社会経済史。東京大学文学部国史学科卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。著作に『明治の機械工業』『町火消たちの近代』『新技術の社会誌』『維新の構想と展開』『科学技術政策』などがある。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【天災の科学】地震・津波・台風が真剣に怖くなる知識集
毎年9月1日は「防災の日」です。1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんで1960年(昭和35年)に定められました。今回の特集では、日本の国土での生活と災害に意識を傾けてみましょう。

オンライン書店で見る