侍従長の回想

講談社学術文庫
ジジュウチョウノカイソウ
  • 電子あり
侍従長の回想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者の藤田尚徳は海軍大将であり、サイパン陥落後の1944(昭和19)年8月から極東国際軍事裁判が開廷する1946(昭和21)年5月まで侍従長の任にありました。「聖断」に至るまでの天皇の懊悩、重臣たちの動き、玉音放送に至るまでなど、その回想は天皇の側近に侍していた人物でなければ知りえない秘話に満ちています。なかでもクライマックスは1945(昭和20)年9月27日、虎の門の米国大使館における昭和天皇とマッカーサーとの会見です。
2014年における近代史学界最大の話題は『昭和天皇実録』の完成でした。天皇裕仁の一生と「昭和」という時代をいかに描き、評価するか……。この点において『実録』編纂者の苦心は並々ならぬものがあったと思われます。同時にこれを読む側も眼光紙背に徹する必要があります。そのためにも『実録』の資料ともなった本書『侍従長の回想』はきわめて重要なものです。多くの読者の目に触れることを願います。

目次

  • 空襲下の四方拝
  • 酒と侍従
  • 天皇、軍を叱る
  • 和平に動く吉田茂氏
  • 天皇の終戦秘密工作
  • 陽の目を見た近衛上奏文
  • 御意志に遠い重臣の奏上
  • 皇居炎上す
  • 意中の人、鈴木首班
  • 挫折した近衛特使
  • 聖断下る
  • 再び聖断を仰ぐ
  • 録音盤争奪事件
  • 慟哭、二重橋前
  • 天皇、マ元帥会談への苦慮
  • 近衛公自殺への私見
  • 異例、天皇の心境吐露
  • 人間宣言と退位をめぐって

製品情報

製品名 侍従長の回想
著者名 著:藤田 尚徳
発売日 2015年03月11日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-292284-5
通巻番号 2284
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1961年に小社より刊行されました。また、1987年に中公文庫からも刊行されています。

著者紹介

著:藤田 尚徳(フジタ ヒサノリ)

藤田尚徳(ふじた・ひさのり)
明治~昭和時代前期の軍人。1880年東京に生まれる。海軍兵学校(29期)卒業。海軍大学校卒業。海軍省人事局長、艦政本部長、海軍次官、呉鎮守府司令長官など要職を歴任。1936年に大将。1939年に予備役編入。1943年に明治神宮宮司。1944~46年、侍従長として終戦前後の昭和天皇の側近に侍す。1970年没。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【講談社学術文庫40周年】1976~2002年の名著20点を「特別復刊!」
講談社学術文庫は、2016年で40周年を迎えました。40周年の節目を記念して、読者から復刊のリクエストが多かった書目を中心に、20点の名著を復刊しました。いずれも読者の方々に長く愛読されたものばかりですが、現在入手しづらくなっている良著です。

オンライン書店で見る