川の文化

講談社学術文庫
カワノブンカ
  • 電子あり
川の文化
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本中の子供たちが親から聞かされる叱責の言葉――お前は川の橋の下から拾われてきた――が、意味するところは何か? 民俗学者による「川と日本人」をめぐる調査と考察。島国日本は、「海の国」であると同時に、豊かな「川の国」でもある。大小の河川は、上流から河口まで、多彩な風景と、文化・風土をかたちづくってきた。舟運と川船、川の狩猟、渡しと橋、年中行事、信仰と伝承など、豊富な事例で語りつくす。


島国日本は豊かな「川の国」でもある。かつて柳田國男は、「川は、日本の天然のもっとも日本的なるものであった。」と述べている。
大小の河川は上流から河口まで、大地を刻んで多彩な風景と文化を育んできた。舟運の歴史と川船の種類、川での狩猟、渡しと橋、年中行事と信仰など、民俗学者が豊富な事例で語りつくす。日本中の子どもたちが親から聞かされてきた「お前は川から拾われてきたんだぞ」という言葉が意味するところとは?

1981年、日本書籍より刊行された同名書籍の文庫化。

目次

  • 文化の母なる川
  • 1 川の語源
  • 2 川と人間生活
  • 3 川の顔
  • 4 人類文化史上の「座」
  • 川と交通
  • 1 北上川の舟運
  • 2 利根川の舟運
  • 3 川船
  • 川の民俗文化
  • 1 川の幸
  • 2 渡しと橋
  • 3 川と年中行事
  • 4 人の一生と川
  • 5 神々の通路としての川
  • 6 川と民俗芸能
  • 7 川と民俗文化の系統
  • あとがき
  • 解説 (佐野賢治)

製品情報

製品名 川の文化
著者名 著:北見 俊夫
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-292184-8
通巻番号 2184
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1981年に日本書籍より刊行された。

著者紹介

著:北見 俊夫(キタミ トシオ)

1924年新潟県佐渡生まれ。東京文理科大学史学科卒。日本交通史,日本流通史,民俗学専攻。筑波大学教授,大東文化大学教授などを務め,1995年没。おもな著書に『日本海上交通史の研究』『市と行商の民俗』『旅と交通の民俗』『ことばの風土』『日本海島文化の研究』『日本民俗学の展開』ほか。

オンライン書店で見る