タブーの漢字学

講談社学術文庫
タブーノカンジガク
タブーの漢字学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

はばかりながら読む漢字の文化史!
「且」は男性、「也」は女性の何を表す……?
性、死、名前、トイレなどのタブーをめぐる、ゆたかで隠微な漢字の世界。

中国科学院の院長までつとめた郭沫若の「士」=男根説。性器はやはり「陰」と「陽」で表される。「死」という漢字を避ける習慣。「トイレにいく」が「解手」となるわけ。皇帝やその祖先の実名を厳重に避ける「避諱」とは──。日常の話から歴史や逸話まで、幅広く、豊富な話題を紹介しながら、漢字とタブーの関係を鋭く、面白くつづった会心の名篇。

男女の性行為とか排泄、あるいは女性の生理などに関係することがらは、これまでは「隠しごと」とされ、それを表すことばや文字は社会の表層からはなかなか見えなかった。しかしそんな「隠しごと」も、人間の暮らしと社会の様相を示すものであることにはまったく変わりなく、実際に「隠しごと」に関してのソフトもハードも、時代とともに着実に進化を遂げてきた。そして文字も、その変化発展に完全に対応してきたのである。──本書「あとがき」より

目次

  • 序章 言い換えられることば
  • 第一章 「性」にまつわる漢字
  •  【1】タブーの漢字を書かない理由
  •  【2】性器を表す漢字
  • 第二章 「死」をめぐる漢字
  • 第三章 大小便と「月のさわり」
  •  【1】大小便について
  •  【2】月のさわりについて
  • 第四章 名前に関するタブー

製品情報

製品名 タブーの漢字学
著者名 著:阿辻 哲次
発売日 2013年07月11日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-292183-1
通巻番号 2183
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2004年11月、小社より刊行された。

著者紹介

著:阿辻 哲次(アツジ テツジ)

1951年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は、中国語学、とりわけ、漢字を中心とする文化史。『漢字の字源』『漢字道楽』『漢字の知恵』『部首のはなし』など、著書多数。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【2017年は雑学に強くなる】漢字、俗語、温泉、昭和など、使える本まとめ
年末年始はどのように過ごしますか? 休暇中に読んでおくと楽しくなる、ちょっとした雑学の本をご紹介します。お正月休みの間に知識の探求を行って、知的欲求を満たしておきましょう。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス