江戸近郊道しるべ 現代語訳

講談社学術文庫
エドキンゴウミチシルベゲンダイゴヤク
  • 電子あり
江戸近郊道しるべ 現代語訳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文化・文政・天保の頃、徳川家御三卿のひとつ清水家に仕えた武士が、多忙な勤務の合間に楽しんだ日帰り散策紀行。大都市・江戸も一歩郊外に出れば、豊かな自然に囲まれていた。起伏に富む地形、田畑と湿地、深い森に佇む社寺旧跡と素朴な人々。ささやかな名所・絶景を求めて歩く喜びに満ちた、時空を超える江戸東京お散歩ガイド。(解説・田中優子)


文化・文政・天保の頃、徳川家御三卿のひとつ清水家に仕えた武士が、多忙な勤務の合間に楽しんだ日帰り散策紀行。大都市・江戸も一歩郊外に出れば、豊かな自然に囲まれていた。起伏に富む地形、田畑と湿地、深い森に佇む社寺旧跡と素朴な人々。花を愛で、名所にくつろぎ、ささやかな絶景を求めて歩く喜びに満ちた、時空を超える江戸東京お散歩ガイド。『江戸近郊ウォーク』(1999年、小学館刊)を学術文庫化にあたって改題。解説は法政大学教授・田中優子氏。

目次

  • [西郊]
  • 府中道の記
  • 谷原村長命寺道くさ
  • 井の頭紀行
  • 成子成願寺・熊野十二社紀行
  • 小金井・府中再遊
  • 小日向道永寺・柏木村円照寺 桜のつと
  • 石神井の道くさ
  • 藤稲荷に詣でし道くさ
  • 大宮八幡宮道しるべ
  • 代々木村八幡宮道の枝折
  • 高田村天満宮詣の記
  • 遅野井村八幡宮参詣、同所善福寺・伊草妙正寺池
  • 百草道の記 ならびに高畠不動尊詣
  • [北郊]
  • 吹上観音道くさ
  • 川口善光寺に遊ぶ記
  • 中山道大宮紀行
  • 谷中に遊ぶ記
  • 新曽妙顕寺詣の記
  • [東郊]
  • 下総国府台、真間の道芝
  • 半田稲荷詣の記
  • 小金の牧道くさ、下総国分寺
  • 綾瀬・千住・花又村鷲明神詣の記
  • 隅田村道くさ
  • 真間の道芝 中山国台も
  • [南郊]
  • 大師河原に遊ぶ記
  • 南郊看花記
  • 羽沢氷川・渋谷八幡・伊勢野 道の枝折
  • 上目黒村に遊ぶ記
  • 明王院に楓を訪ふ記
  • 岡の秋かぜ
  • 千束の道しるべ
  • 瀬田村行禅寺・奥沢村九品仏 道しるべ
  • [解説] 旅する江戸       田中優子

製品情報

製品名 江戸近郊道しるべ 現代語訳
著者名 著:村尾 嘉陵 訳:阿部 孝嗣
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292166-4
通巻番号 2166
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「江戸近郊ウォーク」は、1999年、小学館より刊行されたもの。

著者紹介

著:村尾 嘉陵(ムラオ カリヨウ)

宝暦10年(1760)生まれ。名は正靖で、嘉陵と号した。徳川家の御三卿のひとつ、清水家に仕えた幕臣で、御広敷用人を務めた。天保12年(1841)没。

訳:阿部 孝嗣(アベ タカシ)

1948年、北海道生まれ。成蹊大学法学部卒。

オンライン書店で見る