日本人と地獄

講談社学術文庫
ニホンジントジゴク
  • 電子あり
日本人と地獄
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代インドに発祥する「地獄」は、この風土でどのような変容をとげたのか? 仏教典籍、『霊異記』、冥界めぐり譚、絵草紙、和歌・川柳や能・狂言などを広く渉猟して、地獄の構造とイメージを読み解く。また、火山・温泉や飢饉・災害など、現世にある地獄を史料に探る。天上の極楽浄土の対極には、地下の恐怖世界が広がっている。読む「地獄事典」です。


等活地獄、黒縄地獄、衆合地獄、叫喚地獄、大叫喚地獄、炎熱地獄、大炎熱地獄、無間地獄……。仏教典籍、史料・文芸作品等を渉猟・博引し、冥府に日本人が見た驚異の心象風景を描き出す

古代インドに発祥する「地獄」は、この風土でどのような変容をとげたのか? 仏教典籍、『霊異記』、冥界めぐり譚、絵草紙、和歌・川柳や能・狂言などを広く渉猟して、地獄の構造とイメージを読み解く。また、火山・温泉や飢饉・災害など、現世にある地獄を史料に探る。天上の極楽浄土の対極には、地下の恐怖世界が広がっている。読む「地獄事典」です。

地獄に堕ちる業因について、初期小乗経典『増一阿含経』「八難品」は、……正法の誹謗に始まり、十悪(殺生・偸盗・邪淫・妄語・両舌・悪口・綺語・貪欲・瞋恚・邪見)と五逆(殺父・殺母・殺阿羅漢・出仏身血・破和合僧)をあげる。……『正法念処経』は、……活(等活)地獄の業因は「殺生」、黒縄地獄は「悪見」、……阿鼻地獄は他の七地獄とその別処を合わせたよりも「一千倍も勝」った地獄で、罪業を五逆罪とする。(序章より抜粋)


※本書の原本は、1998年に春秋社より刊行されました。

目次

  • 序章
  • 第一章 地獄概念のあけぼの
  • 第二章 『往生要集』の成立とその後
  • 第三章 堕獄の人      
  • 第四章 冥界に行ってきた人
  • 第五章 地獄絵   
  • 第六章 この世の地獄――辺地獄(孤地獄)
  • 第七章 地獄と文芸
  • あとがき

製品情報

製品名 日本人と地獄
著者名 著:石田 瑞麿
発売日 2013年01月11日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292151-0
通巻番号 2151
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1998年に春秋社より刊行されたもの。

関連シリーズ

オンライン書店で見る