日本人の「戦争」――古典と死生の間で

講談社学術文庫
ニホンジンノセンソウコテントシセイノハザマデ
  • 電子あり
日本人の「戦争」――古典と死生の間で
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一人の戦中派が書きつづけた、死者と対話。古典と対話。

正成、信長、二・二六、そして「あの戦争」。
日本人にとって戦争とはなんだったのか。
なぜ「あの戦争」はあれほど悲愴な戦いになったのか。
なんのために死んだのか。なにより、なんのためなら死ねると言えたのか。
「戦中派」思想史家は、同年輩の死者たちの中断された問いかけに答えるため、死者と対話し、古典と対話する。痛恨の論考。鎮魂の賦。

【本書の内容】
まえがき
【1】日本人の「戦争」――古典と死生の間で
 1 実感と「抽象」
 2 「僕は妣の国に往かむと欲ひて……」
 3 言霊の戦い――「海行かば」
 4 修羅の戦い――「七生報国」
 5 信長の戦い――「滅せぬ者のあるべきか」
 6 「国民」の戦争
   ――「朝日に匂ふ日の本の 国は世界に只一つ」
 7 歴史の中の「戦争」――「見るべき程の事は見つ」
【2】「開戦」と「敗戦」選択の社会構造
   ――“革命より戦争がまし”と“革命より敗戦がまし”
 1 “戦争か平和か”の選択でなく
 2 「国体」を支える社会構造
 3 二・二六事件の後に
 4 農地調整法と企画院事件
 5 先制攻撃をうける懸念
 6 内戦への懸念
 7 革命か敗戦かの選択
【3】天皇・戦争指導層および民衆の戦争責任
 1 半世紀後の戦争責任論
 2 天皇の戦争責任
 3 戦争指導層の戦争責任
 4 民衆の戦争責任
【4】日本の「戦争」と帝国主義
   ――空腹の帝国主義と飽食の帝国主義
 1 帝国主義の昔と今
 2 金銭と暴力――シャイロックから帝国主義へ
 3 日本の「戦争」――空腹の帝国主義
 4 現代の帝国主義と超帝国主義
【終章】特攻・玉砕への鎮魂賦
 1 「汝心あらば 伝へてよ玉のごと われ砕けにきと」
 2 『戦友』と『同期の桜』
 3 鎮魂の賦
初版あとがき
新版のためのあとがき
解説

目次

  • まえがき
  • 【1】日本人の「戦争」――古典と死生の間で
  •  1 実感と「抽象」
  •  2 「僕は妣の国に往かむと欲ひて……」
  •  3 言霊の戦い――「海行かば」
  •  4 修羅の戦い――「七生報国」
  •  5 信長の戦い――「滅せぬ者のあるべきか」
  •  6 「国民」の戦争
  •    ――「朝日に匂ふ日の本の 国は世界に只一つ」
  •  7 歴史の中の「戦争」――「見るべき程の事は見つ」
  • 【2】「開戦」と「敗戦」選択の社会構造
  •    ――“革命より戦争がまし”と“革命より敗戦がまし”
  •  1 “戦争か平和か”の選択でなく
  •  2 「国体」を支える社会構造
  •  3 二・二六事件の後に
  •  4 農地調整法と企画院事件
  •  5 先制攻撃をうける懸念
  •  6 内戦への懸念
  •  7 革命か敗戦かの選択
  • 【3】天皇・戦争指導層および民衆の戦争責任
  •  1 半世紀後の戦争責任論
  •  2 天皇の戦争責任
  •  3 戦争指導層の戦争責任
  •  4 民衆の戦争責任
  • 【4】日本の「戦争」と帝国主義
  •    ――空腹の帝国主義と飽食の帝国主義
  •  1 帝国主義の昔と今
  •  2 金銭と暴力――シャイロックから帝国主義へ
  •  3 日本の「戦争」――空腹の帝国主義
  •  4 現代の帝国主義と超帝国主義
  • 【終章】特攻・玉砕への鎮魂賦
  •  1 「汝心あらば 伝へてよ玉のごと われ砕けにきと」
  •  2 『戦友』と『同期の桜』
  •  3 鎮魂の賦
  • 初版あとがき
  • 新版のためのあとがき
  • 解説

製品情報

製品名 日本人の「戦争」――古典と死生の間で
著者名 著:河原 宏
発売日 2012年10月11日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292134-3
通巻番号 2134
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1995年に、築地書館より刊行されたもの。2008年には、ユビキタ・スタジオより新版が刊行された。文庫化にあたっては新版を底本とした。

著者紹介

著:河原 宏(カワハラ ヒロシ)

1928年、東京生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。政治学博士。早稲田大学にて助教授、教授をつとめ、1998年に退職して名誉教授。日本政治思想史専攻。2012年2月28日没。
○主な著書:
『転換期の思想――日本近代化をめぐって』早稲大学出版部、1963年。
『西郷伝説――「東洋的人格」の再発見』講談社現代新書、1971年。
『昭和政治思想研究』早稲大学出版部、1979年。
『伝統思想と民衆――日本政治思想史研究1』成文堂、1987年。
『江戸の精神史――美と志の心身関係』ぺりかん社、1992年。
『「自在」に生きた日本人』農文協、1998年。
『青年の条件――歴史のなかの父と子』人文書院、1998年。
『空海 民衆と共に――信仰と労働・技術』人文書院、2004年。
『日本人はなんのために働いてきたのか』ユビキタ・スタジオ、2008年。
○主な共著:
『近代日本政治思想史』有斐閣、1978年。
『日本のファシズム』有斐閣、1979年。

オンライン書店で見る