象形文字入門

講談社学術文庫
ショウケイモジニュウモン
象形文字入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヒエログリフからアルファベット、そして漢字まで
古代エジプト発、文字の始原をめぐる冒険
練習問題「ヒエログリフの読み方」&単語集つき

古代エジプトの文字世界を、ヒエログリフの読み方にはじまり、数々の物語などを交えて、あざやかにレクチャー。さらには未開社会の絵文字と象形文字との比較から文字の起源を問い、アルファベットの誕生や世界の象形文字、日本の文字文化へと思いを馳せる、格好の入門書にして縦横無尽に展開する文字論。ヒエログリフの単語集、解読練習問題付き。

エジプト人は、文字をつくったのが自分たちの祖先だとは思っていなかった。朱鷺(とき)(またはヒヒ)の姿をした知識の神トトが創造したものと信じていた。(中略)トトは文字を発明するとともに、「神々の書記」としておさまっていた。エジプトでは神々も字が読めるとはきまらなかったのである。もちろん言葉や文字を神聖視したり実用以上のものと考えることは、エジプト人にかぎらない。わが国にも「ことだま(言霊)」の思想があり……――<本文より>

※本書の原本は、1962年11月に、中公新書として刊行されました。

目次

  • インディアンの手紙
  • ヒエログリフ
  • パピルスのつたえる物語
  • 永遠の生命
  • ヒエログリフからアルファベットへ
  • 象形文字のいろいろ
  • 日本語の文字
  • 付章 ヒエログリフの読み方

製品情報

製品名 象形文字入門
著者名 著:加藤 一朗
発売日 2012年06月13日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292118-3
通巻番号 2118
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1962年11月に、中公新書として刊行された。

著者紹介

著:加藤 一朗(カトウ イチロウ)

1921年~2009年。京都大学西洋史学科卒業。専攻は古代エジプト史。関西大学名誉教授。