ヘーゲル「精神現象学」入門

講談社学術文庫
ヘーゲルセイシンゲンショウガクニュウモン
ヘーゲル「精神現象学」入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「意識」から「絶対知」へ
ギリシャ以来の壮大な知の体系の再構築に挑んだ、哲学史上最も難解にして重要な著作へのいざない

感覚、知覚、悟性、自己意識、理性、精神。意識は経験をとおして高次に向かい、「絶対知」へと到達する――。近代西洋哲学史上、最も重要にして最も難解とされる大著の核心を、精緻な読解と丁寧な解説で解き明かす。「絶対的な真理」を秘めた神話的な書物という虚妄のベールを剥いで立ち上がる、野心的な哲学像の実現に挑んだヘーゲルの苦闘の跡とは。

非常に難解ではあるが、マルクスやサルトルを魅了し、ハイデガーもけっして無視することができなかった、この哲学史上の名著を、誰でも読めるように、引用と要約と解説を組み合わせて、全体の面白さがわかるようにしたいというねらいだった。さまざまな迷路があり、高台があり、行き止まりのところがあるという、複雑に入り組んだ『精神現象学』という世界の名所案内と地図とを兼ねた書物にしたいと思った。――本書「はしがき」より

※本書の原本は、1996年1月、有斐閣より『ヘーゲル「精神現象学」入門〔新版〕』として刊行されました。

目次

  • はしがき
  • 序にかえて――『精神現象学』の意義と位置
  • 序章 『精神現象学』の成立をめぐる謎
  • 第一章 『精神現象学』の基本概念――「序文」と「緒論」
  • 第二章 知と対象の関係構造――意識
  • 第三章 他者との関係のなかで思索し、生きる自覚的な存在――自己意識
  • 第四章 世界を自己とみなす自己意識(1)――観察する理性
  • 第五章 世界を自己とみなす自己意識(2)――行為する理性
  • 第六章 和解に至る「精神」の歴史
  • 第七章 精神の自己認識の完成――宗教
  • 第八章 精神の旅の終着駅――絶対知
  • あとがきにかえて――『精神現象学』のアクチュアリティ

製品情報

製品名 ヘーゲル「精神現象学」入門
著者名 著・編:加藤 尚武 著:原崎 道彦 著:伊坂 青司 著:栗原 隆 著:松山 壽一 著:座小田 豊 著:滝口 清栄 著:山崎 純
発売日 2012年05月11日
価格 定価 : 本体1,230円(税別)
ISBN 978-4-06-292109-1
通巻番号 2109
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1996年1月、有斐閣より「ヘーゲル『精神現象学』入門〔新版〕」として刊行されたもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス