日本美術全史 世界から見た名作の系譜

講談社学術文庫
ニホンビジュツゼンシセカイカラミタメイサクノケイフ
日本美術全史 世界から見た名作の系譜
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀後半以降、日本の美術作品が海外でも紹介されるようになりましたが、その興味はあいかわらず異国趣味によるものであり、特殊なものとして扱われる傾向があります。一般人でも理解できるような「芸術作品」として「普遍的」な価値観をきちんと提出できるならば、批評の対象としての「日本美術」が「世界美術史」の中で正当な位置を占めることができるはずと筆者は考え、あらためて日本美術史を編み直すことに挑戦します。
普遍的な価値とはなんでしょうか? 理想主義、人間主義、そして「気韻生動」(「リズミックな生動感または生動の中のリズム」ローレンス・ピンヨン『極東の絵画』)が、普遍性につながる特徴といえると考えます。また、写実性や真実性もその特徴になりうるでしょう。
上記のような普遍的な価値をもとに、縄文から現代にいたる日本美術の作品を縦横に論じ、新たに編み直していきます。取り上げられた作品数も500点以上。もうひとつの日本美術史がここにあります。

目次

  • はじめに 世界の中の日本美術
  • 序章 日本美術史における「様式」展開
  • 第一章 原始美術--縄文時代と弥生時代
  • 第二章 「アルカイスム」の時代--飛鳥時代の美術
  • 第三章 「クラシシスム」美術--白鳳時代の彫刻・      絵画
  • 第四章 「クラシシスム」中期の美術--天平時代      の彫刻
  •      1 天平彫刻1
  •      2 天平彫刻2
  •      3 天平彫刻3
  • 第五章  「マニエリスム」美術--平安時代の美術
  •      1 平安初期の美術
  •      2 平安時代後期の絵画・彫刻
  • 第六章 「バロック」美術--鎌倉時代の名作群
  •      1 十二世紀の絵画
  •      2 康慶・運慶・快慶の彫刻
  •      3 定慶と湛慶の彫刻
  •      4 肖像彫刻と肖像画
  •      5 十三、四世紀の絵巻物
  •      6 十三、四世紀の仏教絵画
  • 第七章 「ロマンチシズム」の美術--室町・桃山の     美術
  •      1 室町時代の山水画
  •      2 室町・桃山時代の障屏画
  • 第八章 「ジャポニスム」の美術--江戸時代の絵画
  •      1 宗達・光琳派
  •      2 文人画--大雅と蕪村
  •      3 浦上玉堂・青木木米・田能村竹田
  •      4 第二の文人派と洋画派
  •      5 浮世絵の世界1
  •      6 浮世絵の世界2
  • 第九章 日本近・現代の美術
  • 日本美術史における「様式」の変遷
  • あとがき
  • 索引

製品情報

製品名 日本美術全史 世界から見た名作の系譜
著者名 著:田中 英道
発売日 2012年04月11日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-292107-7
通巻番号 2107
判型 A6
ページ数 600ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1995年に小社より刊行されたもの。

著者紹介

著:田中 英道(タナカ ヒデミチ)

(たなか・ひでみち)
1942年生まれ。東京大学文学部卒業。ストラスブール大学で博士号取得。現在、東北大学名誉教授。2006年酒田市より阿部次郎文化賞を受賞。
主著に、『ラ・トゥール 夜の画家の作品世界』『イタリア美術史 東洋から見た西洋美術の中心』 『ミケランジェロの世界像 システィナ礼拝堂天井画の研究』『日本美術傑作の見方・感じ方』『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界像』『「やまとごころ」とは何か 日本文化の深層』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス