天の科学史

講談社学術文庫
テンノカガクシ
  • 電子あり
天の科学史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「天への恐れ」から星の観測は始まり、その意味を説明するために占星術が生まれ、正確な「暦」が権力者の権威を高める。やがて天動説から地動説へとパラダイムは転換し、天体力学の隆盛を経て、天体物理学と宇宙開発競争の時代へとむかう。民俗や宗教、数学や物理学を巻き込んで展開する最古の科学=天文学の歴史と、人類の宇宙観の変遷をたどる。


人間にとって<宇宙>とは何か
天体観測と占星術の始まりから、暦の作成、地動説への転換、天体力学の隆盛、米ソの宇宙開発競争まで。最古の科学=天文学の歴史と、人類の「宇宙観」の変遷。

「天への恐れ」から星の観測は始まり、その意味を説明するために占星術が生まれ、正確な「暦」が権力者の権威を高める。やがて天動説から地動説へとパラダイムは転換し、天体力学の隆盛を経て、天体物理学と宇宙開発競争の時代へとむかう。民俗や宗教、数学や物理学を巻き込んで展開する最古の科学=天文学の歴史と、人類の宇宙観の変遷をたどる。

※本書の原本は、1984年に朝日新聞社より刊行されました。

目次

  • 序論
  • 1 星座について
  • 2 占星術
  • 3 暦の話
  • 4 時の話
  • 5 宇宙論の歴史
  • 6 天体力学
  • 7 望遠鏡の話
  • 8 天体物理学について
  • 9 結び――あなたにとって宇宙とはなにか

製品情報

製品名 天の科学史
著者名 著:中山 茂
発売日 2011年10月14日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292077-3
通巻番号 2077
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1984年に朝日新聞社より刊行された。

オンライン書店で見る