大清帝国への道

講談社学術文庫
タイシンテイコクヘノミチ
  • 電子あり
大清帝国への道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

北方の小集団はいかにして大帝国を築いたか
華夷秩序を超越し、「3つの顔」をもつ世界帝国=清朝は、多民族国家・現代中国の原型だった。ヌルハチから康熙・雍正・乾隆まで、大帝国の若々しい盛期を描く。
(原本タイトル『大清帝国』を改題)

目次

  • 序章 天安門から満漢全席まで――大清帝国と現代中国
  • 第一章 三つの貌を持つ帝国
  • 第二章 民族統合・建国から大清(ダイチン)国の成立
  •     ――初代ヌルハチと第二代ホン=タイジの時代
  • 第三章 中国内地への進出から絶対君主権の確立へ
  •     ――第三代順治帝・第四代康熙帝・第五代雍正帝の時代
  • 第四章 最大版図の形成――第六代乾隆帝の時代
  • 第五章 「華夷一家」多民族王朝の確立
  • 終章 帝国末期の改革と保守――大清帝国から満洲国へ

製品情報

製品名 大清帝国への道
著者名 著:石橋 崇雄
発売日 2011年09月14日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-292071-1
通巻番号 2071
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 2000年に小社より刊行された「大清帝国」を、文庫化にあたり改題し、終章などを加筆したもの。

オンライン書店で見る