寺山修司全歌集

講談社学術文庫
テラヤマシュウジゼンカシュウ
  • 電子あり
寺山修司全歌集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

横溢する言葉の魔力

短歌、俳句、詩、エッセイ、評論、演劇……。芸術のジャンルを軽々と飛び越え、その鬼才ぶりを発揮した寺山修司。言葉の錬金術師は歌う。故郷を、愛を、青春を、父を、そして祖国を! 短歌の黄金律を、泥臭く、汗臭く、血腥い呪文へと変貌させる圧倒的な言語魔術に酔いしれる。
(解説「アルカディアの魔王」塚本邦雄  解説「透明な魔術」穂村弘)

寺山修司の場合はどうか。……一見したところ、等身大の<私>が我々の知っている日本に生きているように思えるのだ。だが、寺山ワールドの<私>は神が自らに似せて作った傀儡に過ぎない。作者=本当の私は、五七五七七という定型空間の外部にいて、神のように全てをコントロールしている。――<「解説2 透明な魔術」穂村弘より>

※本書は『寺山修司全歌集』(風土社、沖積舎)を底本にした。

目次

  • 田園に死す
  •  恐山
  •  犬神
  •  子守唄
  •  山姥
  •  家出節
  •  新・病草紙
  •  新・餓鬼草紙
  •  跋
  • 初期歌篇
  •  燃ゆる頬
  •  記憶する生
  •  季節が僕を連れ去ったあとに
  •  夏美の歌
  • 空には本
  •  チエホフ祭
  •  冬の斧
  •  直角な空
  •  浮浪児
  •  熱い茎
  •  少年
  •  祖国喪失
  •  僕のノオト
  • 血と麦
  •  砒素とブルース
  •  血と麦
  •  老年物語
  •  映子を見つめる
  •  蜥蜴の時代
  •  真夏の死
  •  血
  •  うつむく日本人
  •  私のノオト
  • 未刊歌集 テーブルの上の荒野
  •  テーブルの上の荒野
  •  ボクシング
  •  煮ゆるジャム
  •  飛ばない男
  •  罪
  •  遺伝
  •  花札伝綺

製品情報

製品名 寺山修司全歌集
著者名 著:寺山 修司
発売日 2011年09月13日
価格 定価 : 本体1,130円(税別)
ISBN 978-4-06-292070-4
通巻番号 2070
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 「寺山修司全歌集」(風土社、沖積舎)を底本にした。

オンライン書店で見る