中世武士団

講談社学術文庫
チュウセイブシダン
中世武士団
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平安末期から戦国の終焉へ――激動の時代を駆け抜けた男たち
「土」にねざした社会集団はどのように生まれ、変貌したか

「土」と結びついたイエ支配権の強固さと独立性を持つ根生(ねお)いの在地支配者たち。彼らの生活と意識、変容の過程、荘園や城下町の様子、そして近世とともに喪失した「自立性」への惜しみない哀悼。平安後期から戦国期の終焉にかけて時代を担った社会集団の実態と中世社会の構造を、歴史書、文学作品、考古資料を駆使して活写した、中世史研究の白眉。

※本書の原本は1974年、小学館より「日本の歴史」第十二巻『中世武士団』として刊行されました。講談社学術文庫収録にあたっては、同社より1990年に刊行された「文庫判 日本史の社会集団」第三巻『中世武士団』を底本とし、2005年に山川出版社から刊行された「石井進の世界」第二巻『中世武士団』を参照しました。

目次

  • 中世武士団の性格と特色――はじめに
  • 曾我物語の世界
  • 敵討とその周辺
  • 「兵」の館をたずねて
  • 「兵」から鎌倉武士団へ
  • 板碑は語る
  • 武士団とは何か
  • 小早川の流れ(一)――鎌倉時代の歩み
  • 小早川の流れ(二)――南北朝・室町時代の武士団
  • 埋もれていた戦国の城下町――朝倉氏の一乗谷
  • 失われたもの、発見されるもの――おわりに

製品情報

製品名 中世武士団
著者名 著:石井 進
発売日 2011年09月13日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-292069-8
通巻番号 2069
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1974年、小学館より「日本の歴史」第12巻「中世武士団」として刊行された。講談社学術文庫収録にあたっては、同社より1990年に刊行「文庫判 日本史の社会集団」第3巻「中世武士団」を底本とし、2005年に山川出版社から刊行された「石井進の世界」第2巻「中世武士団」を参照した。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス