ドストエフスキー人物事典

講談社学術文庫
ドストエフスキージンブツジテン
  • 電子あり
ドストエフスキー人物事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「死せる生」にあって「生ける生」を求める――。作家の分身である登場人物たちが作品の中で繰り返し展開するテーマ、それは苦痛の中に生きる人間の現実である。処女作『貧しい人たち』から絶筆となった『カラマーゾフの兄弟』まで、全小説の内容紹介とともに百九十三人の主要登場人物を論じ、ドストエフスキー文学の魅力に迫る、読む「人物事典」。(講談社学術文庫)


読む前に、読むときに、読んでから――この一冊で“文豪”のすべてがわかる!

「死せる生」にあって「生ける生」を求める――。作家の分身である登場人物たちが作品の中で繰り返し展開するテーマ、それは苦痛の中に生きる人間の現実である。処女作『貧しい人たち』から絶筆となった『カラマーゾフの兄弟』まで、全小説の内容紹介とともに百九十三人の主要登場人物を論じ、ドストエフスキー文学の魅力に迫る、読む「人物事典」。

ヂェーヴシキン(『貧しい人たち』)、ラスコーリニコフ、ソーニャ(『罪と罰』)、ムィシキン(『白痴』)、ピョートル、マリヤ(『悪鬼ども』)、アルカーヂー(『未成年』)、ドミートリー、イワン、アリョーシャ(『カラマーゾフの兄弟』)――。作家の分身たる193人の主要登場人物の徹底探究を通し、全小説を貫くテーマ、そして普遍性と現代性を浮き彫りにする。崇拝のベールを取り払い、ドストエフスキーの実像がここに現れる。

※本書の原本は1990年、朝日新聞社から刊行されました。

目次

  • 1 『貧しい人たち』
  • 2 『分身』
  • 3 『プロハルチン氏』
  • 4 『九通の手紙から成る長編小説』
  • 5 『ペテルブルグ年代記』
  • 6 『女あるじ』
  • 7 『ポルズンコフ』
  • 8 『かよわい心』
  • 9 『他人の女房とベッドの下の亭主』
  • 10 『正直な泥棒』
  • 11 『ヨールカ祭りと結婚式』
  • 12 『白夜』
  • 13 『ネートチカ・ネズワーノワ』
  • 14 『幼いヒーロー』
  • 15 『死の家の記録』
  • 16 『おじさんの夢』
  • 17 『ステパンチコヴォ村とその住人たち』
  • 18 『虐げられた人たち』
  • 19 『いやらしい小噺』
  • 20 『地下室の手記』
  • 21 『わに』
  • 22 『賭博者』
  • 23 『永遠の亭主』
  • 24 『ボボーク』
  • 25 『おとなしい女』
  • 26 『おかしな男の夢』
  • 27 『罪と罰』
  • 28 『白痴』
  • 29 『悪鬼ども(悪霊)』
  • 30 『未成年』
  • 31 『カラマーゾフの兄弟』

製品情報

製品名 ドストエフスキー人物事典
著者名 著:中村 健之介
発売日 2011年06月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-292055-1
通巻番号 2055
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は1990年、朝日新聞社から刊行された。

オンライン書店で見る