古代ローマの饗宴

講談社学術文庫
コダイローマノキョウエン
古代ローマの饗宴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

キャベツ礼賛者カトー、最高の饗宴を催した解放奴隷トリマルキオ、「真似のできない暮し」をしたクレオパトラ、葡萄酒を愛した詩人ホラティウス、消化不良のキケロ……。養殖の海魚、肥えたヤマネ、乳育のカタツムリなど贅を極めた晩餐から、農夫の質実剛健な食卓まで、二千年前、大繁栄を謳歌した帝国の食文化とは。当時の食材やレシピも多数併録。


永遠なる美食の大帝国で、人々は何をどう食べ、飲んでいたのか?
監察官カトー、武将アントニウス、詩人ホラティウス、『料理書』のアピキウス、解放奴隷、農夫……。当時のレシピも併録

キャベツ礼賛者カトー、最高の饗宴を催した解放奴隷トリマルキオ、「真似のできない暮し」をしたクレオパトラ、葡萄酒を愛した詩人ホラティウス、消化不良のキケロ……。養殖の海魚、肥えたヤマネ、乳育のカタツムリなど贅を極めた晩餐から、農夫の質実剛健な食卓まで、二千年前、大繁栄を謳歌した帝国の食文化とは。当時の食材やレシピも多数併録。

私はなにを語るのでしょう? むろんそれは古代ローマの社会生活や習慣であり、ローマ人の時間の過ごし方や、楽しみ方といったものです。友達と会うこと、愛する人と睦まじく食事をすること、好物の料理を味わうこと。結局のところ、今日私たちがやっていることとそんなに違いはありません。宴会でなにがどのようにふるまわれたかも調査ずみです。また巻末では、いくつか古代ローマのレシピを紹介します。皆様方のお国には、おいしい魚と肉、ハチミツ、それに、ローマ人が好んで用いた品々がたくさんある。だから再現はきっと可能なはずです。――<「学術文庫版によせて」より抜粋>

※本書は1991年、平凡社より刊行された『古代ローマの饗宴』を元に改変をほどこしました。

目次

  • 序章 古代の饗宴へ
  • 第一章 ローマ式宴会の規則
  • 第二章 「美食」ギリシャからローマへ
  • 第三章 カトーの夕餉
  • 第四章 ヴァロとカエサルの晩餐
  • 第五章 キケロ、そしてクレオパトラとアントニウス
  • 第六章 ホラティウスの酒杯
  • 第七章 粋判官ペトロニウスまたはトリマルキオの饗宴
  • 第八章 饗宴詩人マルティアリス
  • 第九章 ユヴェナリスと皇帝たちの食卓
  • 第十章 アピキウスの料理書

製品情報

製品名 古代ローマの饗宴
著者名 著:エウジェニア・サルツァ プリーナ リコッティ 訳:武谷 なおみ
発売日 2011年05月12日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-292051-3
通巻番号 2051
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1991年、平凡社より刊行された「古代ローマの饗宴」を元に改変をほどこした。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス