試験と競争の学校史

講談社学術文庫
シケントキョウソウノガッコウシ
  • 電子あり
試験と競争の学校史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

試験地獄と過酷な競争はいかに制度化したか。画一的な「試験と競争」を実施するために、近代の学制は整備された。衆目監視の昇級試験、監督官の過重労働、落第の恐怖など、明治日本の学校と試験の実態を描く。

目次

  • 序章 競争と試験の状況から
  • 第一章 試験の風景
  • 第二章 試験制度の成立
  • 第三章 試験制度の実際
  • 第四章 試験による淘汰と教育のひずみ
  • 第五章 仕掛けとしての試験―試験による競争の組織化―
  • 第六章 中学校における競争と淘汰
  • 第七章 進学競争の世界
  • 終章 「試験の時代」と競争

製品情報

製品名 試験と競争の学校史
著者名 著:斉藤 利彦
発売日 2011年03月12日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-292043-8
通巻番号 2043
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1995年、平凡社より「試験と競争の学校史」というタイトルで刊行された。

オンライン書店で見る