構造主義進化論入門

講談社学術文庫
コウゾウシュギシンカロンニュウモン
  • 電子あり
構造主義進化論入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ遺伝子操作で新生物を作れないのか? なぜ同じ遺伝子が、ハエでは複眼を、哺乳類では単眼を出現させるのか? ネオダーウィニズムでは説明不能な進化現象の数々。プラトン、ラマルク、ダーウィン、メンデル、ドーキンス……。進化論の系譜を再検証し、生物を記号論的に環境を解釈するシステムと定義することで、もう一つの進化論を構想する。(講談社学術文庫)


DNA至上主義のネオダーウィニズムと訣別し、生物=システムという観点から、革新的進化論を提唱する
「進化とは、偶然起こる遺伝子の突然変異が、自然選択で、集団のなかに浸透していく」ことではない!

なぜ遺伝子操作で新生物を作れないのか? なぜ同じ遺伝子が、ハエでは複眼を、哺乳類では単眼を出現させるのか? ネオダーウィニズムでは説明不能な進化現象の数々。プラトン、ラマルク、ダーウィン、メンデル、ドーキンス……。進化論の系譜を再検証し、生物を記号論的に環境を解釈するシステムと定義することで、もう一つの進化論を構想する。

科学が発展し、取り扱う現象が複雑になってくると、実体論ではうまく説明できないことが多くなってくる。生物の進化論におけるネオダーウィニズムは、実体論的色彩が強い理論である。ネオダーウィニズムはDNAそのものの進化理論としては、かなりイイ線までいった理論であるが、残念なことに生物はDNAではない。生物の進化を説明するためには、さらに関係論的な方向に、研究枠組みをシフトさせる必要がある。実体論から関係論への流れは科学の潮流といってもよい。構造主義進化論(構造主義生物学)もこの流れのなかに位置しているといえよう。――<「エピローグ 科学の挑戦」より抜粋>

※原本『さよならダーウィニズム 構造主義進化論講義』を改題

目次

  • 学術文庫版まえがき
  • プロローグ ダーウィニズムの限界
  •  1 進化論の基本図式
  •  2 ネオダーウィニズムに対する三つの反証
  • 第一章 「進化論」の歴史──ダーウィニズム以前
  •  1 プラトンとアリストテレス
  •  2 「進化論」前夜──中・近世ヨーロッパの生物観
  •  3 ラマルクの『動物哲学』
  • 第二章 ダーウィニズムとは何か
  •  1 『種の起源』を読む
  •  2 「生物」と「進化」のトートロジー
  •  3 メンデルの再発見
  • 第三章 ネオダーウィニズムの発展
  •  1 総合学説の提唱者たち
  •  2 分子生物学の発展
  •  3 遺伝子とは何か
  • 第四章 構造主義的アプローチ
  •  1 名と時間
  •  2 共時性と拘束性
  •  3 形式と認識
  • 第五章 構造主義進化論
  •  1 進化法則
  •  2 構造の性質
  •  3 情報と解釈系
  • エピローグ 科学の挑戦
  • あとがき
  • ブックガイド

製品情報

製品名 構造主義進化論入門
著者名 著:池田 清彦
発売日 2011年02月11日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292037-7
通巻番号 2037
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「さよならダーウィニズム-構造主義進化論講義」は、1997年小社より刊行された。

オンライン書店で見る