北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大

講談社学術文庫
キタノジュウジグンヨーロッパノホッポウカクダイ
  • 電子あり
北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

サントリー学芸賞受賞作
伝道と聖戦の結合がもたらしたキリスト教世界の武力進出・征服
「ヨーロッパ」の形成と拡大その原点を中世にさぐる

11世紀、聖地エルサレムの奪還をはかった十字軍。そして中世、ヨーロッパ北方をめざす、もう一つの十字軍があった。教皇の名のもと、異教徒を根絶すべく残虐のかぎりを尽くすドイツ騎士修道会を正当化した思想とは何か? ゲルマンとスラブの相克から大航海時代までも展望し、ヨーロッパ拡大の理念とその矛盾を抉り出す。

私は本書において、「北の十字軍」の一連の活動と作用を、理念の側面を含めて考察していくことにしたい。これは、なによりもヨーロッパ史のほとんど未開拓の分野を切り開くための試みである。しかし、狙いはこれに尽きない。私がとくに注目するのは、「北の十字軍」がヨーロッパの形成と拡大の重要な一コマをなしている、という点である。それを考察することによって、われわれはヨーロッパのみならず現代世界の歴史的理解をより深めることができるに違いない。――<本書「プロローグ」より>

目次

  • プロローグ――映画『アレクサンドル・ネフスキー』が語るもの
  • 第1章 フランク帝国とキリスト教
  • 第2章 ヴェンデ十字軍
  • 第3章 リヴォニアからエストニアへ
  • 第4章 ドイツ騎士修道会
  • 第5章 タンネンベルクの戦い
  • 第6章 コンスタンツの論争
  • エピローグ――「北の十字軍」の終焉とヨーロッパのグローバルな拡大

製品情報

製品名 北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大
著者名 著:山内 進
発売日 2011年01月13日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-292033-9
通巻番号 2033
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1997年、小社より刊行された。

オンライン書店で見る