乃木希典

講談社学術文庫
ノギマレスケ
  • 電子あり
乃木希典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

度を越した遊興、4度の休職と隠遁、東郷平八郎との明暗。「殉死」に沸騰する世論と、公表時に改竄された遺書。乃木希典とは、「明治国家」と根本的に相容れない人間性にもかかわらず、常に「国家意思」によって生かされ続けた人物だった。漱石、鴎外、西田幾多郎らの乃木評から小学生の作文まで網羅して描く「軍神」の実像と、近代日本の精神のドラマ。(講談社学術文庫)


「軍神」の実像と近代日本の宿痾を抉る名著。常に国家意思と結びつくことで生かされてきた「明治の軍神」の生涯と人物像を、一般庶民から、漱石や鴎外、西田幾多郎らの乃木評までを織り込みながら描き出す。

目次

  • はじめに
  • 乃木希典の生涯
  •  一 無人と父母
  •  二 玉木文之進正かぬのもとで
  •  三 陸軍への出仕
  •  四 萩の乱の渦中へ
  •  五 士族叛乱のなかで
  •  六 紅灯緑酒の人
  •  七 ドイツ留学と帰国後の生活
  •  八 台湾総督の前後
  •  九 那須野の「農人」
  •  十 日露戦争と乃木希典
  • 日露戦争後の社会と乃木希典
  •  一 凱旋した第三軍司令官陸軍大将乃木希典
  •  二 東郷平八郎と乃木希典
  •  三 凱旋将兵と乃木
  •  四 華胄界と乃木
  •  五 社会風潮と乃木
  • 明治の終焉
  •  一 御不例の号外
  •  二 天皇の死と御大葬
  •  三 乃木希典夫妻の自刃
  • 乃木の死が投じた波紋
  •  一 分裂した世論
  •  二 庶民の話題
  •  三 キリスト者の憂愁
  •  四 徳富蘇峰・蘆花兄弟
  •  五 矢内原忠雄・出隆・西田幾多郎
  •  六 森鴎外と夏目漱石
  • 軍神乃木像の展開
  •  一 小学校教育のなかでの乃木
  •  二 『武人の徳操』と乃木
  •  三 伝記のなかの乃木
  • 文献目録
  • 乃木希典年譜
  • おわりに
  • 学術文庫によせて

製品情報

製品名 乃木希典
著者名 著:大濱 徹也
発売日 2010年12月10日
価格 定価 : 本体1,350円(税別)
ISBN 978-4-06-292028-5
通巻番号 2028
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1967年雄山閣出版から、1988年河出書房新社から刊行された。

オンライン書店で見る