武士道

講談社学術文庫
ブシドウ
  • 電子あり
武士道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“彼は「侍(さむらい)」である”という表現が今日でもしばしば使われる。では、侍とはいかなる精神構造・姿勢を指すのか――この問いから本書は書き起こされる。主従とは、死とは、名と恥とは……。『葉隠』『甲陽軍鑑』『武道初心集』『山鹿語類』など、武士道にかかわるテキストを広く渉猟し、読み解き、日本人の死生観を明らかにした、日本思想史研究の名作。(講談社学術文庫)


死を覚悟し、名を重んじ、我に勝つ
苛烈な武士の精神に日本人の思想のバックボーンを
見通した名著!

“彼は「侍(さむらい)」である”という表現が今日でもしばしば使われる。では、侍とはいかなる精神構造・姿勢を指すのか――この問いから本書は書き起こされる。主従とは、死とは、名と恥とは……。『葉隠』『甲陽軍鑑』『武道初心集』『山鹿語類』など、武士道にかかわるテキストを広く渉猟し、読み解き、日本人の死生観を明らかにした、日本思想史研究の名作。

「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」(『葉隠』)
人間というものは、何らかの絶対永遠なるものがなければ、生きて行けない。まして、死の覚悟などをきめることは出来ない。武士一般には来世が存在しなかったから、彼らが何を究極的なよりどころとしていたかが考えられなければなるまい。私はそれを、地上のものでありつつ地上をこえた人倫、名のはこばれる場としての武士社会の無窮性が、『葉隠』武士道を支える究極のものであったと思う。――<本書より>

※本書の原本は、1968年、塙書房より刊行されました。

目次

  • まえがき
  • 一、ありのまま
  •  1 室町武家貴族の生き方
  •  2 戦国武将の生き方
  •  3 興廃を道義にかける
  •  4 女侍批判
  •  5 事実に生きる
  •  6 いいわけの否定
  • 二、名と恥
  •  1 鎌倉武士と名
  •  2 名と主従関係
  •  3 自敬と名
  •  4 自他・内外の一体観
  • 三、死の覚悟
  •  1 死のいさぎよさ
  •  2 覚悟の悲壮性
  •  3 『葉隠』と仏教
  •  4 士道論における死
  • 四、閑かな強み
  •  1 勝負の構
  •  2 礼儀と強み
  •  3 詞の働き
  •  4 武士の一諾
  •  5 理想としての非情
  • 五、卓爾とした独立
  •  1 手の外なる大将
  •  2 大丈夫の気象
  •  3 草莽崛起論
  •  4 明治の「独立の精神」
  • 解 説  菅野覚明

製品情報

製品名 武士道
著者名 著:相良 亨
発売日 2010年09月14日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-292012-4
通巻番号 2012
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1968年塙書房より刊行された。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る