倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本

講談社学術文庫
ワコクデンチュウゴクセイシニエガカレタニホン
  • 電子あり
倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古来、日本は中国からどのように見られてきたのか。金印受賜、卑弥呼と邪馬台国、倭の五王、「日出ずる処」国書、「日本」国号、朝鮮半島と動乱の7世紀、遣唐使、僧侶や商人の活躍、蒙古襲来、勘合貿易、倭寇、秀吉の朝鮮出兵。そこに東アジアの中の日本が浮かび上がる――。中国歴代正史に描かれた1500年余の日本の姿を完訳する、中国から見た日本通史。


中国歴代王朝が綴る歴史書の中の日本
漢委奴国王金印、邪馬台国、倭の五王、秀吉の朝鮮出兵――中国が見た日本の1500年

古来、日本は中国からどのように見られてきたのか。金印受賜、卑弥呼と邪馬台国、倭の五王、「日出ずる処」国書、「日本」国号、朝鮮半島と動乱の7世紀、遣唐使、僧侶や商人の活躍、蒙古襲来、勘合貿易、倭寇、秀吉の朝鮮出兵。そこに東アジアの中の日本が浮かび上がる――。中国歴代正史に描かれた1500年余の日本の姿を完訳する、中国から見た日本通史。

目次

  • 『後漢書』東夷伝――漢委奴国王の金印受賜
  • 『三国志』魏志倭人伝――卑弥呼と邪馬台国
  • 『宋書』倭国伝――倭の五王の世紀、古代日朝関係
  • 『隋書』倭国伝――聖徳太子、往来する遣隋使
  • 『旧唐書』倭国伝・日本伝――「倭」と「日本」
  • 『新唐書』日本伝――遣唐使、先進文化の伝来
  • 『宋史』日本国伝――平安末期に活発化する商船や禅僧の交流
  • 『元史』日本伝――元寇(文永・弘安の役)
  • 『明史』日本伝――倭寇、勘合貿易、秀吉の朝鮮出兵

製品情報

製品名 倭国伝 全訳注 中国正史に描かれた日本
著者名 著:藤堂 明保 著:竹田 晃 著:影山 輝國
発売日 2010年09月14日
価格 定価 : 本体1,520円(税別)
ISBN 978-4-06-292010-0
通巻番号 2010
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は1985年、学習研究社から刊行された。

オンライン書店で見る