春画 片手で読む江戸の絵

講談社学術文庫
シュンガカタテデヨムエドノエ
  • 電子あり
春画 片手で読む江戸の絵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

美ではなく、欲望を、現実ではなく、幻想を描いたのが春画である
江戸人の思考と江戸時代の性(セクシュアリティ)を手掛かりに、春画を再解釈する

武士のお守り? 性生活の手引き? いいえ、ポルノグラフィーです。独身男(セリバ)たちが溢れた江戸は、遊郭が栄え、艶本(えほん)が数多板行され、男色も当たり前だった。枕絵、笑絵、危絵、美人画……。浮世絵の性化(エロテイサイズ)された画像を対象に、縦横無尽に議論する。春画を、「美術」ではなく、江戸の性の文脈で捉え直し、斬新な解釈を提示する。(解説・上野千鶴子)

目次

  • 第1章 春画・セクシュアリティ・美人画
  • 第2章 分節される身体
  • 第3章 春画の中のシンボル
  • 第4章 窃視の政治学
  • 第5章 性と外界

製品情報

製品名 春画 片手で読む江戸の絵
著者名 著:タイモン・スクリーチ 訳:高山 宏
発売日 2010年07月13日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292004-9
通巻番号 2004
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1998年4月に小社より刊行された。

オンライン書店で見る