仏典のことば さとりへの十二講

講談社学術文庫
ブッテンノコトバサトリヘノジュウニコウ
  • 電子あり
仏典のことば さとりへの十二講
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

諸行無常、衆縁和合、悉有仏性、南無帰依仏――衆生を救済する仏たちの教え
万物が流転する世間をひたすらゆだねて生きる

人はなぜ迷い、悩むのか。苦しみは自分の感覚器官が生み出す欲望に執着することで起こる。万物が流転する世間では、すべてが互いにつながりをもち、支え、対立し、そして助けあって存在している。そこに「私のもの」など何もない――。仏教の基本教理を表す12のことばを通して、無限の広がりを持つ釈尊の教えを平易に説く、現代人必読の仏教入門。

目次

  • はじめに 三法印――存在の3つの命題
  • 第1講 諸行無常――世間は流転している
  • 第2講 衆縁和合――永遠不滅のものはない
  • 第3講 無明即煩悩主――迷いのもとは無明
  • 第4講 諸法皆空――世間は夢のごとし
  • 第5講 不二法門――解脱は一味である
  • 第6講 三界唯一心――世間は妄想の産物
  • 第7講 身不浄観――身体は汚物の詰め物
  • 第8講 悉有仏性――仏も昔は凡夫なり
  • 第9講 煩悩即菩提――垢も身のうち
  • 第10講 中道――薬もすぎれば毒となる
  • 第11講 四摂法――情けは人の為ならず
  • 第12講 南無帰依仏――仏にゆだねる

製品情報

製品名 仏典のことば さとりへの十二講
著者名 著:田上 太秀
発売日 2010年05月13日
価格 定価 : 本体1,030円(税別)
ISBN 978-4-06-291995-1
通巻番号 1995
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る