中国人の機智 『世説新語』の世界

講談社学術文庫
チュウゴクジンノキチオオモジバン
  • 電子あり
中国人の機智 『世説新語』の世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

乱世に花咲いた嘲弄と逆襲
機智とは抗いつつ生きる者の武器である。後漢末(2世紀末)から東晋末(5世紀初め)。豪放洒脱な竹林の七賢が登場し、「清談」が大流行した時代。当意即妙、鋭い舌鋒……。命がけの言語表現に酔う。諧謔性に富んだ反射神経、自負心の誇示、侮蔑への鮮やかな反撃……。一筋縄ではいかぬ誇り高き人々の不退転の反俗・反逆の精神を切れ味鋭い機智に乗せて演じきった舞台、それが『世説新語』の世界である。内乱、戦争、めまぐるしい王朝交替。暗く険悪な乱世を生き抜く魂は、悲哀、憂鬱を乗り越え、豪放洒脱な生き様は究極の言語表現を生み出した。
王濛{もう}と劉諠倍たん}はつねづね蔡{さい}公に敬意をはらっていなかった。二人はあるとき蔡を訪問して語り合い、しばらくたってから、蔡にたずねていった。--あなたは自分で夷{い}甫{ほ}(王衍{えん})とくらべてみてどうだとお思いですか。
蔡はこたえた。--わたしは夷甫にかないません。王と劉は目くばせして笑いながらいった。--どの点でかなわないのですか。蔡はこたえた。--夷甫には君たちのような客がいない。(排調諠髏?)

目次

  • 学術文庫版まえがき
  • 序 章 機智の書『世説新語』とその時代
  • 第一章 『世説新語』の人びと──その生存様式
  •   (1) 君子神話の崩壊と秩序体系への挑戦
  •   (2) 個の論理の追求
  •   (3) 激情の噴出
  •   (4) 絶対自由の希求──酒・薬・清談
  •   (5) 反抗と保身
  •     むすび
  • 第二章 『世説新語』その機智の構造
  •  その一 遊戯精神
  •  その二 機智の構造
  •   (1) 逆襲的機智表現
  •   (2) 引用(典故の運用)
  •   (3) 比 喩
  •   (4) 比 較
  •   (5) 思考過程の誤りによる機智
  •   (6) 逆説的な表現
  •   (7) 言語遊戯
  •     むすび
  • 第三章 『世説新語』その機智の洗練──人物批評のレトリック
  •   (1) 『世説新語』の人物批評
  •   (2) 擬音(オノマトペ)
  •   (3) 自然現象を用いた比喩(自然比喩)
  •   (4) 比 較
  •   (5) カテゴリー論法
  •   (6) テクニカル・ターム
  •   (7) 圧縮表現
  •     むすび
  • 第四章 『世説新語』と魯迅
  •   (1) 魏晋と魯迅
  •   (2) 魯迅の「敵対的」な機智表現
  • おわりに
  • 原本あとがき
  • 主要参考文献

製品情報

製品名 中国人の機智 『世説新語』の世界
著者名 著:井波 律子
発売日 2009年12月11日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-291975-3
通巻番号 1975
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1983年5月に中央公論社より刊行。

オンライン書店で見る