木菟燈籠

講談社文芸文庫
ミミズクドウロウ
  • 電子あり
木菟燈籠
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<内容紹介>
好きが高じていきなり露地の奥で小鳥屋を始めた教員仲間。商売はやはりうまく行かず復職の世話をする成り行きに店先に据えてあった立派な石燈籠が我が家の庭に……。
日常のなかで関わってきた人々の、ふとしたときに垣間見る思いがけない振る舞いやうかがい知れない心のありようを、井伏鱒二ゆずりの柔らかい眼差しと軽妙な筆致で描き出した小沼文学ならではのじわりと胸に沁みるような作品集。

目次

  • 四十雀
  • 槿 花
  • エッグ・カップ
  • 鳥打帽
  • ドビン嬢
  • 枯 葉
  • 木菟燈籠
  • 「一番」
  • 入 院
  • 胡 桃
  • 花 束
  • 解説  堀江敏幸
  • 年譜  中村 明
  • 著書目録  中村 明

製品情報

製品名 木菟燈籠
著者名 著:小沼 丹
発売日 2016年12月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290331-8
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、未知谷刊『小沼丹全集』第三巻(2004年8月)を底本としました。

オンライン書店で見る