戦後文学を読む

講談社文芸文庫
センゴブンガクヲヨム
戦後文学を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第二次大戦後の極限状況のなか、戦争と戦後社会への峻厳で実存的な眼差しで描かれた〈新しい文学〉は、「いまなお最も批評性が高い」(奥泉光)小説群である。野間宏、武田泰淳、梅崎春生、大岡昇平、小島信夫ら戦後派九人の代表作を、現代文学を牽引する作家・評論家たちが、群像の「創作合評」形式に読み、論じ合う。終戦から七〇年を経て浮き彫りになる、戦後文学の精神とは。

序章 対談 高橋源一郎・奥泉光
一章 野間宏 「暗い絵」「顔の中の赤い月」
    合評/奥泉光・中村文則・島本理生
二章 武田泰淳 「蝮のすえ」「わが子キリスト」
    合評/奥泉光・松永美穂・鹿島田真希
三章 椎名麟三 「深夜の酒宴」「重き流れのなかに」
    合評/奥泉光・佐伯一麦・辻村深月
四章 梅崎春生 「桜島」「幻化」
    合評/奥泉光・福永信・朝吹真理子
五章 大岡昇平 「野火」「武蔵野夫人」
    合評/奥泉光・岡田利規・青山七恵
六章 石原吉郎 「ペシミストの勇気について」「棒をのんだ話」
    合評/奥泉光・山城むつみ・川上未映子
七章 藤枝静男 「田紳有楽」「悲しいだけ」
    合評/奥泉光・堀江敏幸・桜庭一樹
八章 小島信夫 「アメリカン・スクール」「月光」
    合評/奥泉光・保坂和志・青木淳悟
九章 大江健三郎 「芽むしり仔撃ち」
    合評/奥泉光・野崎歓・町田康
終章 対談 島田雅彦・奥泉光

製品情報

製品名 戦後文学を読む
著者名 編:奥泉 光 編:群像編集部
発売日 2016年03月11日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-290305-9
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 序章 なぜ今「戦後文学」か…「群像」2009年8月号、一章 野間宏を読む…「群像」2009年10月号、二章 武田泰淳を読む…「群像」2010年1月号、三章 椎名麟三を読む…「群像」2010年4月号、四章 梅崎春生を読む…「群像」2010年9月号、五章 大岡昇平を読む…「群像」2011年1月号、六章 石原吉郎を読む…「群像」2011年9月号、七章 藤枝静男を読む…「群像」2011年12月号、八章 小島信夫を読む…「群像」2012年4月号、九章 大江健三郎を読む…「群像」2012年6月号、終章 「戦後文学」と現在…本書のために対談収録。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス