木下杢太郎随筆集

講談社文芸文庫
キノシタモクタロウズイヒツシュウ
  • 電子あり
木下杢太郎随筆集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

北原白秋らと「パンの会」を組織し、小説家、劇作家、美術家、キリシタン史研究家として活躍した耽美派の詩人は、医師としてハンセン病根絶に尽力した智と義の人でもあった。三島由紀夫が「いちばん美しい紀行文」と称した「クウバ紀行」、加藤周一が鴎外以後、荷風と共に「高雅な余韻」を伝えると評する史伝(「森鴎外」)他を収録。広い教養と思惟の深さを具えた巨人が遺した散文の精髄。

目次

  • I
  • 小学校時の回想
  • すかんぽ
  • 僻郡記
  • 春径独語
  • 自春渉秋記
  • 荒庭の観察者
  • 真昼の物のけ
  • 残響
  • 研究室裏の空想
  • 戌亥の刻
  • 本の装釘
  • あかざ(藜)とひゆと
  • 薬袋も無き事ども
  • II
  • 市街を散歩する人の心持
  • 京阪聞見録
  • 海郷風物記
  • クウバ紀行
  • サン・シュルピスの広場から
  • リュウ・ド・セイヌ
  • ハビエルの城
  • 石龍
  • III
  • 小林清親の板画
  • フウゴオ・フォン・ホフマンスタアル父子の死
  • 古語は不完全である・然し趣が深い
  • 露伴管見
  • 森鴎外
  • 解説  岩阪恵子
  • 年譜  柿谷浩一

製品情報

製品名 木下杢太郎随筆集
著者名 著:木下 杢太郎 その他:岩阪 恵子
発売日 2016年03月11日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-290303-5
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『木下杢太郎全集』第七、十一~十三、十五~十八巻(1981年6月~1983年2月、岩波書店)を底本としました。

オンライン書店で見る