死の淵より

講談社文芸文庫
シノフチヨリ
  • 電子あり
死の淵より
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

つめたい煉瓦の上に/蔦がのびる/夜の底に/時間が重くつもり/死者の爪がのびる(「死者の爪」)。死と対峙し、死を凝視し、怖れ、反撥し、闘い、絶望の只中で叫ぶ、不屈強靱な作家魂。醜く美しく混沌として、生を結晶させ一瞬に昇華させる。“最後の文士”と謳われた高見順が、食道癌の手術前後病床で記した絶唱63篇。野間文芸賞受賞作。


食道がんに冒され死に直面しながら、自らの生を透徹した眼差しで見つめ、文学的営為の限りを尽くし至高の韻文へと昇華させた、絶唱。
野間文芸賞受賞。

※本書は、1993年2月刊、講談社文芸文庫『死の淵より』を底本としました。

目次

  • 死の淵より
  • 「死の淵より」拾遺
  • 「わが埋葬」以後

製品情報

製品名 死の淵より
著者名 著:高見 順
発売日 2013年01月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-290185-7
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1993年2月刊、講談社文芸文庫「死の淵より」を底本としたもの。

オンライン書店で見る