一日 夢の柵

講談社文芸文庫
イチニチユメノサク
  • 電子あり
一日 夢の柵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日常の内奥にひそむ光と闇。――人々が暮らしてゆく、生々しい奇妙な現実。生きることの本質と豊穣。著者60代半ばから70代半ばにかけて書かれた短篇群、野間文芸賞受賞の12の人生の断片。「夢の柵」「影の家」「眼」「浅いつきあい」「電車の中で」「隣家」「丸の内」「記録」「一日」「危うい日」「久介の歳」「要蔵の夜」収録。


日常にひそむ光と闇 生々しい現実 豊穣の文学。人生の断片、12の短篇。

日常の内奥にひそむ光と闇。――人々が暮らしてゆく、生々しい奇妙な現実。生きることの本質と豊穣。著者60代半ばから70代半ばにかけて書かれた短篇群、野間文芸賞受賞の12の人生の断片。「夢の柵」「影の家」「眼」「浅いつきあい」「電車の中で」「隣家」「丸の内」「記録」「一日」「危うい日」「久介の歳」「要蔵の夜」収録。

三浦雅士
たとえば『一日 夢の柵』の登場人物の誰ひとり生々しくないものはない。「夢の柵」の滝口内科医院の先客3人にしてもそうだ。ほんの一瞬、登場するだけでも生々しい。だが、生々しいと同時に、こいうい人っているよな、と思わせてしまうのである。「影の家」の老女の現実感にいたっては驚くばかりである。しかも、家の近所にも確かにいる、と思わせてしまうのだ。――<「解説」より>

製品情報

製品名 一日 夢の柵
著者名 著:黒井 千次
発売日 2010年10月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290100-0
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「一日 夢の柵」(講談社刊 2006年1月)を底本とし、多少ふりがなを加え、著者による加筆訂正をおこなった。

オンライン書店で見る