水の女

講談社文芸文庫
ミズノオンナ
水の女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

無頼の男の荒ぶる性と、流浪の女の哀しき性

獣のように性を貪りつくそうとする男たちに対し、ある女は、自らの過去を封印し、その性に溺れ、またある女は、儚い運命のなかにそれを溶かし込む。またある女は、男の性を弄ぶ。紀伊を舞台に、土俗的世界に生きる男女の性愛を真正面から描いた傑作短篇5作。緊密な弾力のある文体で、性の陰翳と人間の内部の闇を描破した中上文学の極北。

前田塁
彼は46歳で亡くなるまで、無数に男主体の作品を書いているし(略)その多くは、いま読めばほとんど牧歌的なほど男性的な粗暴さに満たされても見える。しかし、よく見れば、『水の女』の5篇ですでに、女のように犯される男、女のようにおののく男の姿が、そこここに書き込まれてもいるのだから(略)のちに「蘭の崇高」の同性愛的な物語に至るまで続いてゆく中上健次の一面はここから始まっているのだし、中上健次の作品が持つ「豊かさ」がそうした女性性によっても/女性性があることによってこそ支えられているのだということを、『水の女』は発見させてくれるのだった。――<「解説」より>

※本書は、集英社刊『中上健次全集2』(1995年9月)を底本としました。

製品情報

製品名 水の女
著者名 著:中上 健次
発売日 2010年07月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-290093-5
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 集英社刊「中上健次全集2」(1995年9月)を底本としたが、作品の配列は、作品社刊「水の女」(1979年3月)に拠った。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス