文学の楽しみ

講談社文芸文庫
ブンガクノタノシミ
文学の楽しみ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本を読む喜び。大人のための文学案内。

「言葉を使うというのは言葉を生かすことであり、生きた言葉は喜びを覚えさせないではいない。」――言葉の可能性を最大限に生かすことに、文学の喜びがあり、文学が生命の表現であると定義する。既成の文学概念にとらわれない自由な姿勢と、鋭く豊かな感性を駆使し、古今東西の文学作品に親しんだ著者が、生きた言葉に出会う喜び、本を読むことの楽しみに読者を誘う。大人のための文学案内。

長谷川郁夫
言葉、言葉、言葉、と言葉のもつ本来のはたらきとその可能性を信じて、著者は文学のあるべき姿を描いて自在の境地に遊んだ。「文学の楽しみ」一書は、読者を精神の自由へと導くのである。「心をその常態に戻す」ことが文学の目的だった、と。至福の哲学。それが文学論の垣根を超えて、独自の人間論となったのは当然の帰結だった。――<「解説」より>

製品情報

製品名 文学の楽しみ
著者名 著:吉田 健一
発売日 2010年05月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290087-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「吉田健一集成2」(1993年8月 新潮社刊)を底本として使用し、旧かな遣いを新かな遣いに改め、多少ふりがなを加えた。但し、詩の引用などは、旧かな遣いのままにした。また、「楽み」「悲み」などの表記は、送りがなの「し」をつけ加え、読みやすくした。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス