流域へ 下

講談社文芸文庫
リュウイキヘ
  • 電子あり
流域へ 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ソ連崩壊前夜、故郷を追われた「同胞」の壮絶な体験を聞くために中央アジアを訪れた在日朝鮮人小説家・林春洙は西ドイツでの恋を思い出す。それは背徳の恋であり、祖国の分裂という問題が暗い影を落とす恋でもあった。政治の力に蹂躙された人々との出会いを経て、林春洙は民族、そして人間そのものに思いを馳せる。東西冷戦終結後の世界を見すえ、いち早くなされた文学的達成。


ひとりの在日朝鮮人作家がめぐる人間性回復をめざす旅。
解説、姜尚中

ソ連崩壊前夜、故郷を追われた「同胞」の壮絶な体験を聞くために中央アジアを訪れた在日朝鮮人小説家・林春洙は西ドイツでの恋を思い出す。それは背徳の恋であり、祖国の分裂という問題が暗い影を落とす恋でもあった。政治の力に蹂躙された人々との出会いを経て、林春洙は民族、そして人間そのものに思いを馳せる。東西冷戦終結後の世界を見すえ、いち早くなされた文学的達成。

李恢成
この小説は、中央アジアの高麗人(コリョイン)の問題を基軸にしながら朝鮮半島の南北問題、サハリン、さらには体制下の個人の恋愛問題なども含まれている。人間の心の中の「流域」はそれほど広漠としているということであろうか。――<「著者から読者へ」より>

製品情報

製品名 流域へ 下
著者名 著:李 恢成
発売日 2010年03月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290081-2
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 講談社刊「流域へ」(1992年6月)を底本としたが、文芸文庫収録にあたり、著者による加筆削除がほどこされた。

オンライン書店で見る