台風の眼

講談社文芸文庫
タイフウノメ
  • 電子あり
台風の眼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

悪性腫瘍の手術後、作家は最後になるかもしれない小説を書きはじめる。自分が確かに生きていたと思える、記憶に深く刻み込まれた情景をつなぎとめながら。世界というものをふいに感じた4歳の頃の東京・赤坂、小学時代を過ごした植民地・朝鮮の田舎町、京城の中学時代、焼け跡の中の旧制高校、特派員として赴いたソウル、そしてサイゴン。自伝と小説の間を往還するように描かれた、新しい試み。


鮮烈なイメージを喚起する新しい自伝の試み。幼少年期の赤坂、小中学生を過ごした植民地朝鮮、焼跡の大学、特派員として赴いたソウル、サイゴン。記憶に深く刻まれた情景を織り上げ、今も息づく過去を辿る。

製品情報

製品名 台風の眼
著者名 著:日野 啓三
発売日 2009年02月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290042-3
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮文庫「台風の眼」(1997年2月)を底本とし、振りがなを適宜加減した。

オンライン書店で見る