わが美的洗脳 大岡昇平芸術エッセイ集

講談社文芸文庫
ワガビテキセンノウオオオカショウヘイゲイジュツエッセイシュウ
  • 電子あり
わが美的洗脳 大岡昇平芸術エッセイ集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

14歳、初めて聴いたベートーヴェン「第五」に一撃を喰らい、26歳、スタンダールの手引きで出合った「フィガロ」に震駭、熱烈なモーツァルティアンに。その音楽の魅力を音符にまで遡って究めんと50歳を過ぎてピアノと作曲法を学ぶ――。音楽は単なる趣味を超えて、その人生と文学に霊感を与え、更なる真摯な探求に彼を駆り立てた。音楽、映画、演劇等、芸術随想46篇に、武満徹、吉田秀和との対談を併録。


モーツァルトさえあればよかった!
生誕100年。大岡芸術論の精華

14歳、初めて聴いたベートーヴェン「第五」に一撃を喰らい、26歳、スタンダールの手引きで出合った「フィガロ」に震駭、熱烈なモーツァルティアンに。その音楽の魅力を音符にまで遡って究めんと50歳を過ぎてピアノと作曲法を学ぶ――。音楽は単なる趣味を超えて、その人生と文学に霊感を与え、更なる真摯な探求に彼を駆り立てた。音楽、映画、演劇等、芸術随想46篇に、武満徹、吉田秀和との対談を併録。

齋藤愼爾
私は時に想像する。小林秀雄や大岡昇平が竹針を削り、蓄音機のレバーを交々廻し合った熱っぽい青春を。「己れを空しくして、ひたすら音を聴くという固有時」――そのむごいまでの孤独の相貌。ひとが音と出会うにはそれ以外にないのではあるまいか。――<「解説」より>

製品情報

製品名 わが美的洗脳 大岡昇平芸術エッセイ集
著者名 著:大岡 昇平
発売日 2009年02月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-290039-3
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 収録した作品のうち、1~5部の各篇と、6部「対話 水・音楽・ことば」1篇は、「大岡昇平全集14、16、17、18、20、21、別巻」(1995~1996年 筑摩書房刊)を、6部「対談 モーツァルトの50年」1篇は、「大岡昇平音楽論集」(1989年 深夜叢書社刊)を底本として使用し、各篇末尾に初出を掲出した。

オンライン書店で見る