江戸文学問わず語り

講談社文芸文庫
エドブンガクトワズガタリ
  • 電子あり
江戸文学問わず語り
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著者を育んだ江戸文学への愛情溢れる入門書。明治生まれの著者にとり、江戸は祖父母が生きた時代。幼い心に自然に沁みこみ血肉となった馬琴や南北等、江戸文学のあれこれを深い造詣と愛情を込めて綴る名随筆。

目次

  • ももんがあ
  • 馬琴雑記
  • 一九・三馬・川柳
  • 四世鶴屋南北〔江戸歌舞伎 一〕
  • 河竹黙阿弥〔江戸歌舞伎 二〕
  • 平賀源内の「根無草」
  • 上田秋成
  • 近松門左衛門
  • 結び──俳句のことなど

製品情報

製品名 江戸文学問わず語り
著者名 著:円地 文子
発売日 2009年01月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290037-9
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 筑摩書房刊「江戸文学問わず語り」(1992年8月 ちくま文庫)を底本とし、多少ふりがなを加えた。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る