本覚坊遺文

講談社文芸文庫
ホンカクボウイブン
  • 電子あり
本覚坊遺文
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

師千利休は何故太閤様より死を賜り、一言の申し開きもせず従容と死に赴いたのか? 弟子の本覚坊は、師の縁の人々を尋ね語らい、又冷え枯れた磧の道を行く師に夢の中でまみえる。本覚坊の手記の形で利休自刃の謎に迫り、狭い茶室で命を突きつけあう乱世の侘茶に、死をも貫徹する芸術精神を描く。文化勲章はじめ現世の名誉を得た晩年にあって、なお已み難い作家精神の耀きを示した名作。日本文学大賞受賞作。


利休自刃を通して「芸術家の死」を問う傑作。弟子本覚坊の手記の形で迫る死の謎。権力者秀吉の庇護下に侘茶を追求、その命じるまま自刃した利休の内面の悽愴の風景を描く著者晩年の代表作。日本文学大賞受賞

製品情報

製品名 本覚坊遺文
著者名 著:井上 靖
発売日 2009年01月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290036-2
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮社刊「井上靖全集」第22巻(1997年2月刊)を底本とし、多少ふりがなを加えた。本文中明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

関連シリーズ

オンライン書店で見る